スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    by たかはら  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

    屍姫 赫 第13話(最終話) 「契約僧告別式次第」 感想

    ★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

    sikabane13_1.jpgsikabane13_2.jpg
    景世の死の悲しみとオーリの新たな決意を描く「屍姫 赫」最終話。
    ・・なんだけど、用語解説を兼ねた総集編っぽくなってたので
    そのどちらも中途半端になってた気がしなくもない。
    最後も「つづく」で終わって、次回予告までやってたので
    なんだか普通の2クール物みたいになっていたが
    せっかくタイトルが変わるのだから
    もう少し趣向を凝らしても良かったのでは?

    ああ、でも「玄」の一発目はいきなり温泉回なのかー。
    一応新番組という事で1話だけチェックする人もいるだろうから
    そこで新規視聴者を獲得しようという試みなのかな。
    女性キャラの数は揃ってるので、思い切って本当に
    そういう方向にシフトするのも悪くないかもしれない。

    「赫」はミナイや景世の話など、部分的に良いお話もあったが
    スタートダッシュで躓いたのが最後まで響いたので
    「玄」では掴みを大事にしてもらいたい所。

     にほんブログ村 アニメブログへ ←押していただけると励みになります。
    スポンサーサイト
    テーマ: 屍姫 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 12:34 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (7)  |  page top ↑

    屍姫 赫 第12話 「夜明け」 感想

    ★★★★★★★★★☆(9:素晴らしい!)

    sikabane12_2.jpgsikabane12_1.jpg
    「笑ってくれ、眞姫那・・。
    そしたら、この地獄のような場所から
    お前を救えたんだって思えるからさ。」

    今回はかなり良かった。景世の死とオーリへの契約譲渡の話。
    今まで散々伏線を張ってたのでシナリオとして意外性は無かったが
    契約僧と屍姫の宿命と絆を真っ向から描いていて非常に見応えのある内容。

    特にマキナが景世の最後に向けて笑顔を必死で作るシーンの表情演技が
    素晴らしかったなあ。途中でいったん崩れかけるのが泣かせる。
    マキナの慟哭を見てしまったオーリがその場では泣けずに
    作り置きの誕生日シチューを見て初めて景世の死を実感するという
    時間差の泣きスイッチ演出も上手かったと思う。

    戦闘シーンに関しては、序盤のまるでパンツはいてないかのような
    サービスアクションもかなり楽しかったのだが
    マキナが覚醒してから屍を素手でフルボッコにする激しいアクションの所が
    感情と動きがシンクロした壮絶な仕上がりで圧倒されっぱなしだった。

     にほんブログ村 アニメブログへ ←押していただけると励みになります。
    テーマ: アニメ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:54 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (9)  |  page top ↑

    屍姫 赫 第10話 「地に星」 感想

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    sikabane10_1.jpgsikabane10.jpg
    眞姫那とその家族を殺した屍の集団、七星が登場。
    初バトルの相手がインチキ宗教の詐欺師だったので
    あまり凄さが伝わってこなかったのが勿体ない気もしたが
    次回予告をみると来週は景世がやられてしまうのかな。

    本来なら死なないでくれーと思うところなんだろうけど
    この作品の場合、ようやくその時が来たかと思ってしまうのが悲しい所。
    流石に10話もかけて引っ張ったのは勿体ぶり過ぎた気もするかな。
    七星と屍姫達の集団バトルは楽しみだけど
    その辺は「玄」に入ってからなのだろうか。

     にほんブログ村 アニメブログへ
    ↑押していただけると励みになります。
    テーマ: アニメ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 20:07 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (4)  |  page top ↑

    屍姫 赫 第9話 「その胸にトキメキを」 感想

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    sikabane9_2.jpgsikabane9_1.jpg
    EDに袈裟姿のオーリのカットが追加されましたが
    赫の段階でそこまで話が進むんでしょうかね。
    赤紗にやられた景世が引退するのかと思ったけど
    割と元気そうで復帰もできそうなので
    まだ何か大きな事件が控えていそうですが。

    本編の方はまた脇道エピソードかと思わせといて
    オーリと黒猫の過去が明かされたりマキナが少しオーリを
    気にしだしたりと徐々に話が進んでるのは中々悪くない感じ。
    ギャグ顔等のコメディ要素がちょくちょく入るようになったのも
    個人的には嬉しいポイントなんだけど、そういうシーンでも相変わらず
    色彩が暗めなので余り効果が出てないのはちょっと勿体ないかも。

    今週は原画さんの人数が多めでしたが、
    Aパートのアクションは動きにキレがあって良い感じでした。

     にほんブログ村 アニメブログへ
    ↑押していただけると励みになります。
    テーマ: 屍姫 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 20:57 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (8)  |  page top ↑

    屍姫 赫 第8話 「安らぎ」 感想

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    sikabane8_1.jpgsikabane8_2.jpg
    ガンダムOOの水島精二監督が絵コンテ、演出が佐伯昭志さんと
    豪華スタッフでお送りする伊佐木&ミナイ組退場回。
    ヒーロー気取りな屍が友人の声を聞いただけで正気に戻るという展開は、
    真面目な能力バトルを期待してただけにちょっと拍子抜けだったが
    その後のオーリとミナイとの無情な別れのシーンは
    ようやく屍姫という重いテーマが活きてきたかなとも思った。

    しかし伊佐木はチンピラに拉致られリンチにあって死亡・・って
    なんだこの情けない死に方!?
    先週時点で伊佐木が小物だという事は
    わかっていたもののまさか名も無いDQNに殺されるとは思わなかった。
    嫌な奴だったけど流石にこれは同情するなあ・・。

    オーリと再契約するチャンスがあったのに
    伊佐木の屍姫として死ぬことを選んだミナイの心情は
    描写が少ないのでわかりにくかったのですが、そこは敢えて
    はっきりとした答えを出さないようにしてるのかな。
    で、いずれはこれがマキナがオーリと再契約する話に
    繋がっていくんだろうけど、ミナイでさえ伊佐木に義理立てしたのに
    マキナがあっさりオーリに乗り換える画が想像つかないので
    まだもう少し先になるのかなあ。

     にほんブログ村 アニメブログへ
    ↑押していただけると励みになります。
    テーマ: 屍姫 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:03 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (7)  |  page top ↑

    屍姫 赫 第7話 「偽言魂」 感想

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    sikabane7_1.jpgsikabane7_2.jpg
    うん、ようやく面白くなってきた気がします。
    ヒーロー気取りの屍が掲げる偽者の「正義」を否定しながら、
    屍姫の行動も復讐や贖罪に過ぎないと知る切ない話ではあるものの
    この作品には珍しいギャグ描写とかもあったりして
    今までの話よりかは随分とっつきやすくなっていた印象。

    オーリが自分から積極的に屍に会いに行ったのは
    友達の為とか、単なる正義感というよりかは
    屍と関わることで兄やマキナの考えを少しでも
    理解したいという想いがあるんだろうなあ。

    まあそれにしたって一人でノコノコ出掛けて行くのは
    迂闊過ぎるだろという気はするんだが、徐々にオーリ自身の
    意志が物語に介入してきてるのは良い傾向と言えるかも。
    そういや今回の戦闘はダメージ反射という能力バトルの要素が
    入ってきてたけど、これも現状何の力も持たないオーリを
    頭脳サポートで活躍させる前振りかもしれないなあ。

    貞本作監による戦闘シーンは豪快なカメラワークと
    ピチピチスーツを肉感たっぷりに描いた作画が
    エロ格好良くて素晴らしい出来だった。
    ただ、これがメインヒロインのマキナではなく
    サブキャラのミナイの戦闘なのは皮肉だが、
    やはり銃による戦闘より近接格闘の方が
    アクションを組み立て易かったりするのだろうか。

    杉田ボイスの伊佐木は、不浄な存在である屍姫に欲情している
    自分の気持ちを誤魔化すために暴力振るったりしてるのか
    それとも本気でミナイに惚れてるけど、
    相手にしてもらえなくて八つ当たりしてるのかわからないけど
    どちらにしても悲しいくらいに小物だなあ(笑) てっきり屍姫に
    何か個人的な恨みでもあるのかと思ってたのに・・子供か!?お前は!

     にほんブログ村 アニメブログへ
    ↑押していただけると励みになります。
    テーマ: 屍姫 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 01:29 |  .2008年冬終了アニメ 屍姫 赫 |  comment (0)  |  trackback (10)  |  page top ↑
    プロフィール

    見たアニメの感想書いてます。
    TB、コメント歓迎中。
    twitter始めました。基本フォローされたら返します。気軽にどうぞ。
    →2011年冬アニメ視聴予定a_btn155.gif

    好きなアニメ作品
    天元突破グレンラガン
    電脳コイル
    ソウルイーター
    喰霊 -零-
    キャシャーンSins
    ・交響詩篇エウレカセブン
    ・桜蘭高校ホスト部 などなど

    →このサイトについて
    →Web拍手返信
    ブログ内検索

    最近の記事
    カテゴリー
    Web拍手

    ご意見、ご感想等ありましたらお気軽にどうぞ。 相互リンクも募集してます。
    お返事はコチラで行ってます→Web拍手返信
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    今期の感想スケジュール

    日曜
    ひだまりスケッチ365
    コードギアスR2
    月曜
    ソウルイーター
    火曜
    ストライクウィッチーズ
    水曜
    ワールドデストラクション
    木曜
    スレイヤーズREVOLUTION
    金曜
    マクロスF
    土曜
    鉄腕バーディ

    リンク(順不同、敬称略)

    いつもTB等でお世話になってます。
    相互リンク様
    空色きゃんでぃ
    サブカルなんて言わせない!
    よう来なさった!
    腐麗蝶の柩
    ソウロニールの別荘
    ハヤテのごとく!に恋してるっ!?
    物理的領域の因果的閉包性
    きざみ納豆(アニメ感想別館)
    徒然きーコラム
    破滅の闇日記
    地図曹長道中記
    混沌-chaos-という名のクロニクル
    紅の終幕劇
    アニメレビューブログ
    アニメは日本の文化遺産

    巡回リンク様
    Cat in the box - キャットインザボックス
    サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
    バラックあにめ日記
    アニメって本当に面白いですね。
    Spare Time
    リリカルマジカルS+
    SERA@らくblog
    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
    だってアニメが好きだから
    蒼碧白闇
    ミルクレモンティー
    Girlish Flower
    ラピスラズリに願いを
    おちゃつのちょっとマイルドなblog
    たらればブログ
    メルクマール
    アニメレビューCrossChannel.jp
    紅蓮の煌き
    wendyの旅路
    風庫~カゼクラ~
    所詮、すべては戯言なんだよ
    妄想詩人の手記
    Junk Head な奴ら
    karimikarimi
    ピンクの髪の……
    アニマライト

    FC2カウンター


    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。