スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    by たかはら  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第17話 「祭囃し編 其の四 謀略」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    鷹野のターンはまだまだ続くぜの巻。
    今までも十分壊れてた三四ですが、今回は遂に一線を越えちゃいましたね。
    前回の土木作業員は既にL5の末期で、どっちにしろ助からない状態でしたが、
    梨花の両親の殺害は完全に私利私欲の為で、言い逃れのしようがないな。
    当初は一二三の研究を皆に認めさせる事が目的だったのに、
    いつの間にか一二三を馬鹿にした者たちへの復讐が目的に変わってますね。

    原作では立ち絵のなかった梨花の両親や、
    最後の謎の女性のビジュアルが判明したり等、
    原作既読組にもなかなか見所の多い回でございました。

    「それでも人の命を扱う以上、最低限の誠意は持ち続けたい」
    higurasi17_1.jpghigurasi17_2.jpg
    入江の医療に懸ける信念は、鷹野と対照的に描かれていて面白いですね。
    医者を目指したのも、事故の影響で暴力的になり
    周りに誤解されたまま死んでいった父の汚名を晴らすためでした。
    そういや入江はこういうキャラだったんだよなー。
    最近はロリコンのイメージが強すぎてすっかり忘れてたよ。

    「この女にどのような目的があるのかなど、どうでもいい」
    higurasi17_3.jpghigurasi17_4.jpg
    後ろ盾だった小泉の死亡で、立場が危うくなった鷹野の前に現れた謎の女性。
    差し伸べられた手は、天の助けかそれとも悪魔の囁きか。
    いやどちらだろうと後戻りのできない所まで来てしまった鷹野には関係ない。
    直前まで絶望に打ちひしがれていたのに、
    もう目の前の女を利用してやろうと企む鷹野が素敵です。

    次回 第18話「祭囃し編 其の五 最後の駒」
    →公式サイト 次回予告
    ちょ、変態ベスト5って・・。いつもに増して予告が酷い件(笑)
    次回では圭一もちょっとは登場するようですね。



    押していただけると励みになります。
    スポンサーサイト
    by たかはら  at 21:32 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (45)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第3話 「涙のあとにもう一度」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    本筋は渚との演劇部復活に向けての活動で、
    後はパン屋で会った女性や謎の電気工など、伏線っぽい話がちらほら。
    春原が主人公の悪友ポジションにしては出番が多い気がしますが、
    彼はもしかして重要な役どころなんだろうか。
    冒頭の少女と人形のシーン等よくわからない事もあるけど、
    まだあまり気にしなくてもいいのかな。
    今の所深く考えなくてもキャラの魅力だけで十分面白い。

    渚&朋也
    clannad3_1.jpgclannad3_2.jpg
    前回のわだかまりを引きずることなく仲直り。
    渚と朋也はお互い不器用な者同士、気が合うのかもしれませんね。
    渚が朋也に気付いて、手を振るかどうか迷うシーンなど、
    キャラの感情がしっかり表現されているのは凄いなと思いました。

    風子
    clannad3_3.jpgclannad3_4.jpg
    やっべえ。何だこの可愛い生き物は。
    いちいちリアクションがツボに嵌ります。
    CLANNADを見てるモチベーションの半分は風子にあると言っても過言じゃないぜ!
    彫刻刀を返したお礼に星(ヒトデ?)をあげちゃいましたが、
    それって本末転倒じゃないか?
    あの彫刻刀自体が特別なものだったんでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 14:35 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (5)  |  page top ↑

    電脳コイル 22話 「最後のコイル」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    暗号路?コイルスノード?さらに話が複雑になってきましたね。
    前回のピンクのミゼットの正体はやはりタケルでしたが、
    イサコに兄の情報をリークしたのはメガマスからの指示によるものだった。
    イサコに空間事故の罪を被せる為だけならわざわざ教える必要はないと思うんだけど、
    どういう意図があるんだろう。
    猫目とタケルは表向きはメガマスに協力(脅されている?)してますが、
    目的は違うのかもしれませんね。父親の為にやってるという事をちらっと言ってましたし。

    相変わらず面白いんだけど、この展開に今の子供達はついてこれてるんだろうか。
    正直私は来週が総集編で助かったかもしれません。じっくり総復習しようと思います。

    ヤサコとイサコ
    koiru22_1.jpgkoiru22_2.jpg
    ショックで憔悴しきってるイサコが見てて痛々しい。
    でもそういう状態だからこそヤサコに対して素直になれた部分もあるんでしょう。
    今の所は、おばばに聞かれても「友達」とは言えない微妙な関係。
    でもイサコの方も徐々にですが、ヤサコに対して心を開きかけているようです。
    「あなたとお友達になりたい」とはっきり伝えたヤサコの行動は無駄ではなさそうだ。

    ダイチ
    koiru22_3.jpgkoiru22_4.jpg
    ダイチが久々登場!京子に対する王子様役はやはりダイチなのか(笑)
    なんかイマイチ締まらない登場の仕方がダイチらしくて良かったです。
    しかしこれでますます京子に懐かれてしまいそうだな。
    今の所フミエやデンパが話に絡めてませんが、
    最終的にはメガマスVSコイル探偵局という構図になるんでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 13:30 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (0)  |  trackback (19)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第4話 「対外折衝」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    お、ちょっと面白くなってきたかも。
    前回のIRAの武力行為締結からソレスタルビーイングのペースで
    物語が進むのかと思われましたが、さすがに世界はそこまで単純ではなかった。
    各国ともにガンダムの脅威を認めながらも、
    腹の中ではその力を利用して他の国々より有利な立場に立とうと必死な様子。
    戦争根絶を謳うソレスタルビーイングが逆に争いの火種を産みだしているという皮肉は面白い。結局今週は政治的な駆け引きにガンダムが利用されてしまいましたし、
    ソレスタルビーイングの理想達成が一筋縄ではいかないという展開は良かったと思います。

    マリナ・イスマイール
    gandum4_1.jpg
    新キャラが追加されました。女の子分が増えたのは個人的には嬉しい。
    マリナは中東の新興国アザディスタン王国の第1皇女。
    秘書?のお姉さんは中々の切れ者のようですが、皇女自身は純粋な人間っぽいですね。
    悪く言えば権力者にしてはしたたかさが足りないのかもしれないけど。
    今の所小国に過ぎないアザディスタンがどう物語に絡んでくるのか楽しみです。

    ソーマ・ピーリス
    gandum4_2.jpggandum4_3.jpg
    人革連の超人機関出身のパイロット。
    名前の印象からすると超能力とか使いそうなイメージなんだけど、
    超人機関というのはどういう組織なんだろう。

    次回 第5話「限界離脱領域」
    アレルヤのお話。ようやく個別のキャラクターの掘り下げが始まるのかな?



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:02 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (102)  |  page top ↑

    げんしけん2 第3話 「アツい夏の一日」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    げんしけんは安定して面白いですね。
    さすがに作画の方は徐々に落ちてきてますが、
    演出と構成が上手いのであんまり気になりません。
    特に今週のお話は1話として綺麗にまとまってるなあと思いました。

    色々苦労もあったけどなんとか完成した同人誌。
    しかし作るだけでは意味がない。200冊完売を目指してげんしけんのアツイ一日が幕を開ける。コミケは行ったこと無いんですが、すごく楽しそうな感じが伝わってきますね。
    前回で製作にかかわってなかった人達も、
    売り子やったり行列に並んだりで活躍してたのが良かったです。
    皆でやり遂げた後のお酒は格別なんだろうなあ。

    高坂
    gensiken3_1.jpggensiken3_2.jpg
    原作では会長コスでしたが、アニメでは時乃のコスプレでした。
    えーと・・高坂を可愛いと思った私はノーマルで合ってるよね・・?
    それにしてもくじアンを先にアニメ化したメリットを上手い具合に生かしてるなあ。
    「あい」のカラオケからEDに繋ぐ演出もグッドでした。

    gensiken3_3.jpggensiken3_4.jpg
    どうでもいいんですが気になった事。
    げんしけんスタッフの中ではみゆきさんが人気なんだろうか。
    そして来週はもしかしてオリジナルなのかー!?



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん2 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 02:50 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (10)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第4話 「憂いの少女たち」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    前回予想した通り、三人で悠二の取り合いが始まりました。
    ヘカテーこと史菜は天然とか言うレベルを通り越して、
    ちょっとアホの子になってしまってますがこれはいいのか。
    萌えるというより色々と心配になってしまうんですが・・。

    syana4_1.jpgsyana4_2.jpg
    案の定悠二も危なっかしい史菜を放って置けずに、
    色々と世話を焼いてあげるのだが、それがシャナと吉田さんの嫉妬を買ってしまう。
    この辺は悠二の鈍さが異常すぎてちょっとイライラしてしまいましたね。
    「なんでシャナ怒ってるんだろう?(´・ω・`) 」とか素で言われてもなあ・・。
    悠二は基本的には善良な人間なんだけど、
    もうちょっと空気を読むことを覚えないと、周りの人間を傷つけてしまうだけですよ。
    吉田さんの背中を後押しする池が普通に可哀相に思えてしまった。

    来週もラブコメ展開は続くようですね。
    単独では勝てないと悟ったシャナと吉田さんが共同戦線を張る事になるんでしょうか。
    あんまりドロドロした展開にならないといいなあ。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 01:49 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (1)  |  trackback (45)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第4話 「三人だけのスケッチ大会」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    今週は栗原先輩の独壇場でしたね。
    空も十分変わった娘だけど栗原先輩はフリーダム過ぎるんだぜ。
    まさか空のつっこみが聞けるとは思わなかった。
    今週は癒しの中にしっかり笑いもあって面白かったです。

    同じものを見てても見えるものが違う
    book4_1.jpgbook4_2.jpg
    例え同じ物であっても、見る場所や天気、そして見る人によっても世界は変わる。
    相変わらずの背景の素晴らしさが説得力を感じさせますね。
    栗原先輩の独特の視点に感心する空でしたが、
    ナナフシと遊ぶ栗原先輩を見て体の柔らかさに着目する空も十分変わってるぞ。

    栗原 渚
    book4_3.jpgbook4_4.jpg
    CV田村ゆかりさんってマジですかー!?
    EDロール見るまで全然わからなかったなあ。
    ひぐらしの梨花ちゃんやアイマスの伊織なんかのイメージが強いけど、
    こういう役もできるのか。すごいなあ。

    栗原先輩は自然というか虫が好きなのか。小学生男子並の行動力に笑ってしまった。
    たまに言ってる「いやいやいやいや」はただの口癖なんだろうか?



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:57 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (0)  |  trackback (24)  |  page top ↑

    みなみけ 第3話 「玉蹴り番長再び」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    ちょっと時間が取れないため、簡易感想で。
    今週は夏菜と藤岡がメインのお話でした。

    テスト勝負
    minamike3_1.jpg
    ケイコにテストで勝てない夏菜は藤岡に勝負を挑むのだった。
    夏菜は思ってたより全然成績良いとおもうんだけどなあ。
    まあケイコの点数は異常すぎるとして、
    赤点(40点以下)取ってないのは立派だと思いますよ。

    藤岡inみなみ家
    minamike3_2.jpgminamike3_3.jpg
    藤岡と言えば不憫。不憫といえば藤岡なのになんなんだこの状況は!?
    結局夏菜の好感度アップとはいきませんでしたが、
    美人姉妹に囲まれて晩御飯食べられただけでも十分羨ましいじゃないか。
    カレーは夏菜が作った物のようだけど、お味の方はどうだったんだろう。
    さすがの夏菜と言えどもカレーくらいはまともに作れるのか。

    1話から感想書いてきた「みなみけ」ですが、来週からは感想書かなくなるかもしれません。
    面白いのは確かなので見続けますが、原作既読なんで正直あんまり書くことがないんですよね。その代わりといってはなんですが、「myself yourself」の感想を追加しようかと考えてます。
    最初は金朋さんの声が馴染めなかったんですが、最近じゃあれがないと物足りないんだ(笑)



    押していただけると励みになります。
    テーマ: みなみけ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:59 |  .2007年終了アニメ みなみけ |  comment (0)  |  trackback (7)  |  page top ↑

    レンタルマギカ 第3話 「神々の禊ぎ」

    ★★★★★☆☆☆☆☆(5.5)

    むむむ、なんか見たこと無いキャラが普通に出てきてたけど、
    もしかしてまた時間飛んだ?
    ここまで執拗に話をシャッフルするのには何か意図があるんだろうけど、
    初見の私には今の所マイナスにしか思えないですね。

    今回の話も、みかんの境遇や過去なんかを知っていれば、
    もうちょっと感情移入できたんでしょうけどね。ちょっと勿体ない感じがしました。

    葛城 みかん
    rental3_1.jpgrental3_2.jpg
    今週はみかんのお話でした。
    なんか作画もみかんだけ優遇されてたような気がしたなあ。
    なかなか表情豊かでかわいい子じゃないですか。袴の下にスパッツはいただけないけどね。
    兄弟が再会するシーンで喜びつつも一瞬悲しそうな顔を見せたのは伏線かな。
    家族との関係が上手くいってないとか。

    あまりについていけないので、ちょっとwiki見て復習してたんだけど、
    どうやらみかんは小学三年生のようですね。
    いつも巫女さん姿だけど学校には通ってないのかな?
    そもそもなんでその年でアストラルで働いてるんだろう?



    押していただけると励みになります。
    テーマ: レンタルマギカ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:17 |  .2008年夏終了アニメ レンタルマギカ |  comment (0)  |  trackback (11)  |  page top ↑

    おおきく振りかぶって 第25話 「ひとつ勝って」

    ★★★★★★★★★☆(9.5)

    おお振り終わってしまったー・・。
    約一ヶ月遅れだった関西でも遂に最終回を迎えました。
    まだ原作が完結してないので、どんな終わり方になるのかなと思ってましたが、
    予想以上に綺麗な終わり方だったでしたね。
    作画もいつもより好みだなあと思ったら、
    やはり13話と18話で素晴らしい映像を披露してくれた加納綾さんが作監。
    浜ちゃんのバスケシーンが動きまくりなのは笑った。そんな所まで力入れるんだ。

    阿部
    oofuri26_1.jpgoofuri26_2.jpg
    いやあ今週の阿部には笑わせていただきました。
    「三橋俺のこと嫌ってる・・?」とか阿部は意外と繊細な奴なのかもね(笑)
    そして泉の「あ~また始まったよ・・」みたいな顔がまた笑える。

    野球やってて良かった・・
    oofuri26_3.jpgoofuri26_4.jpg
    中学時代の境遇のせいで野球の本当の楽しさを知らずにきた三橋だけど
    それに気付けたのが高校1年なら遅くはないよね。
    それにしても叶は最後で美味しい役回りだなあ。
    三星との再戦がいつになるかはわかりませんが、
    西浦とは地区が違うのでもし当たるとしたら甲子園で、とか?
    まあ原作でも勿論そんな所までは進んでませんが、色々想像してみるのも面白い。

    総評
    ★★★★★★★★★☆(9)
    アニメ化は不安半分期待半分だったのですが、
    いざ放送が始まってみると素晴らしい出来でもう大満足でございます。
    正直今まで原作既読でこんなに楽しめたアニメは初めてかもしれません。
    ただ原作をなぞるんではなく、ちゃんと原作の良さを理解した上で、
    省くセリフは省く、大事なシーンは丁寧にというのが徹底されていたと思いますね。
    スタッフの皆様には心からお疲れ様でしたと言いたいです。

    まだまだ気が早い話ですが、是非二期もやって欲しいなあ。
    DVDの売れ行きも悪くないみたいだし、期待できるかも。
    原作のストックが足りないような気もするけど、
    雑誌の方では既に12~13巻くらいまで進んでますからね。
    (最新の8巻収録は30話までで、アフタ本誌では49話までやってる。)
    1年か2年後くらいにはもしかしたら・・。まあ気長に待つとしましょう。

    好きなキャラクター
    花井、栄口、篠岡

    好きなお話
    第24話 「決着」   ★★★★★★★★★★(10)
    第13話 「夏大開始」 ★★★★★★★★☆☆(8)
    第7話  「野球したい」★★★★★★★★★☆(9)


    by たかはら  at 18:43 |  .2007年終了アニメ おおきく振りかぶって |  comment (0)  |  trackback (3)  |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第16話 「祭囃し編 其の参 終わりの始まり」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    今回から圭一達の話に戻るかと思ってましたが、
    そういやカケラ紡ぎがあったね。すっかり忘れてたよ。
    雛見沢に隠された暗い過去を振り返りながら、
    最語にまだ見ぬ救世主(圭一)を待つ二人という流れは良かったと思います。

    聡史
    higurasi16_1.jpg
    聡史はひさしぶりの登場ですね。目明し編以来?
    沙都子を心配しながらも、沙都子がいなければ気が楽になれると思わず溢してしまう聡史。
    でもそういう考えに至った聡史を責めるのはちょっと可哀相ですよね。
    本来子供はこんな事で悩む必要なんてないのだから・・。

    鷹野&富竹
    higurasi16_2.jpghigurasi16_3.jpg
    鷹野が色々とエロ過ぎる件。なんてけしからん看護婦なんだ。
    子供の頃の無邪気な美代子を見てるだけに、
    色々あったんだろうなあと想像してしまいます。
    そりゃ富竹もコロッと引っかかりますよ。

    「僕は無力なのです・・」「ごめんなさい・・ごめんなさい・・」
    higurasi16_4.jpghigurasi16_5.jpg
    「オヤシロ様の祟り」などと言われ恐れられていても、
    実体を持たない羽入にはどうすることもできない。
    羽入の過剰とも言えるネガティブさは、こういう場面を何度も見てきたからなんでしょうね。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 17:14 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (40)  |  page top ↑

    100,000HIT!御礼

    本日当ブログのアクセス数が100,000HITを超えました。

    今年の4月にこのブログを始める時に、
    せめて10,000HITを超えるまでは何があっても続けようと誓ったものですが
    まさか半年でその10倍の方に見ていただける事になるとは思いませんでした。

    飽きっぽい性格の私が、これまで楽しんでブログを続けてこれたのは
    いつもTBやリンク等でお世話になっているサイト様、
    そしてなにより見に来ていただいてる皆様のおかげです。
    本当にありがとうございます!

    大した記事は書けませんが、
    少しでも見にきて頂いた人に楽しんでもらえるよう頑張りますので、
    これからもどうぞ宜しくお願いします。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 18:41 |  雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第2話 「最初の一歩」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    前回の感想でこの作品は家族の繋がりがテーマなのかも、と書いたんですが
    どうやら「CLANNAD」という言葉自体が家族という意味らしいです。そうだったのかー。
    今の所、問題がありそうなのは朋也と父親の関係ですかね。
    1話で父親が朋也にきつく当たらないのは優しさかと思ったんですが、
    どうも怪我をさせてしまった負い目を感じているみたいです。
    朋也自身はそこまで父親を責めている訳では無く、他人のように気を使われるのが
    嫌で反発してる感じですかね。修復には時間がかかりそうだなあ。

    岡崎朋也
    clannad2_1.jpgclannad2_2.jpg
    朋也は1話見た限りではかなりぶっきらぼうな性格で、
    クラスでも浮いている存在なのかと思ってましたが、意外と面倒見がいい奴なんですね。
    困ってそうな女の子には積極的に話しかけるし、
    なんだかんだで演劇部の再建にも力を貸してます。
    渚の為にわざわざだんご大家族を手作りしてあげてるのはちょっと乙女ちっくで笑ったけども。

    ヒロイン紹介
    clannad2_3.jpgclannad2_4.jpg
    1話で出てこなかったヒロイン候補達も今回で全員出てきたのかな。
    朋也の好感度は1話より上がったけど、
    ヒロイン達はなんというか、・・全員不思議ちゃんですね(笑)
    いきなり「トンカツ!」と叫ぶ渚。
    おまじないなのはわかったけどあんまり人前でしないほうがいいぞ。
    彫刻刀で星型のオブジェを作ってるのは伊吹風子。これは良いアホの娘ですね。
    トリップしてる姿はちょっとかわいかった。
    図書室で幽霊に間違えられる一ノ瀬ことみ。のんびりそうな娘だったけど天才少女なのか。
    まあヒロインが変わってるのはKanonでもそうだったし、あまり深く考えずに見ることにしよう。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 16:53 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (3)  |  page top ↑

    電脳コイル 第21話 「黒いオートマトン」

    ★★★★★★★★★☆(9)

    ぎゃああああ!!
    誰だよ、先週で一段落着いたとか言ってた奴はー!?
    (お前だよ)
    なんなんだこの急展開は!面白すぎるじゃないか!

    Bパートで明かされる衝撃の展開。いやあ凄まじい緊張感でしたね・・。
    今まで無敵を誇ってきたイサコが精神的にも物理的にも追い詰められていく姿に
    思わず手に汗握ってしまいました。

    ハラケン&でんすけ
    koiru21_1.jpgkoiru21_2.jpg
    先週あっちの世界から連れ戻したハラケンでしたが、まだ意識は安定してないのね。
    目覚めた時に描いた絵は、このアニメの一番最初に出てくるOPのマンホールか?
    京子を助ける時に活躍したでんすけも、古い空間に長くいたせいで調子が悪いみたい。
    「メモリアルを購入しますか?」っていうダイアログが出てたけどメモリアルってなんの事だ?
    京子がうっかり押してしまいそうで怖いよ(笑)

    ピンクのミゼット
    koiru21_3.jpg
    てっきりこのミゼットは猫目のペットなのかと思ってたよ。どうやら別人みたいですね。
    第一小の男子からボスと呼ばれているが暗号の使い方もこいつが教えたのだろうか。
    最新の2.0を操ったりと、かなりの実力者のようですが、しゃべり方とかは子供っぽいんだよなあ。

    イサコ
    koiru21_4.jpgkoiru21_5.jpg
    第一小と合同になった新しい学校で、陰湿なイジメにあうイサコ。
    陰口を叩かれるだけじゃなく、大事にしていた思い出の人形も傷つけられてしまいます・・。
    全く、人の痛みがわからない人間は子供といえど最低ですな。
    しかしそれだけでは終わらなかった。猫目に連絡するも電話は繋がらず。
    しかも今まで必死に助けようとしていた兄は既に死んでいた事を知ってしまう!

    うわあこれは辛いなあ・・。
    今回2.0にやられそうになったモジョを助けるシーンや、
    一枚しかないメタタグをハラケンを助ける為に使った事でもわかるように、
    イサコは本来優しい子なんですよね。
    兄を助ける為にカンナを巻き込んでしまった事もずっと悩んでいたんでしょう。
    それが全部イサコを利用するためにつかれた嘘だったなんて・・。

    落ち込むイサコに2.0が襲い掛かる。
    神社のドメインに逃げこむが、法務局管理の2.0に安全地帯は無かった。
    なんという不幸の多重連鎖・・。可哀相なイサコを誰か助けてあげてー。・゚・(ノД`)・゚・。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:13 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (0)  |  trackback (20)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第3話 「変わる世界」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    うーん、ガンダムの機体性能が凄いのはわかるんですが、
    どうにもならない程、無敵という訳じゃないですよね。
    実際に刹那もグラハムやセルゲイ相手に多少苦戦してましたし、
    せいぜいMS10~15機くらいの戦力なのかなと思ってました。
    その為、400年も続いてきた北アイルランドのテロ組織が
    あっさり武力行為を締結してしまうのは少し急に感じてしまいましたね。
    早いところ盛り上がって欲しいのは確かなんですが、
    実際の紛争を扱ってるだけに展開を急ぎすぎると安っぽくなってしまいそう。
    難しい所だなあ。

    グラハム
    gandum3_1.jpggandum3_2.jpg
    乙女座でセンチメンタルとか、色々とおかしな発言が目立つグラハムさん。
    基本的にギャグ要素が無いこの作品において、この人の変態っぷりは一服の清涼剤。
    パイロットとしては優秀のようですが、6倍の性能差は埋められず撤退するはめに。
    まあエクサス相手に逃げられただけでも大したものか。
    どうやらユニオンで新しく創設される対ガンダム部隊に配属されるようですね。

    沙慈
    gandum3_3.jpggandum3_4.jpg
    日本経済特区の少年、沙慈。
    普通の民間人である彼がどうやってこの物語に絡んでくるんだろうと
    思っていたのですが、どうやら刹那とはお隣さんの関係になるようです。
    そして姉はソレスタルビーイングを追いかけているマスコミ関係者なのか。
    沙慈は大人しそうな性格をしてますが、その内MSに乗ったりするんでしょうかね。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 21:22 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (105)  |  page top ↑

    げんしけん2 第2話 「会議はモメル」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    gensiken2_1.jpggensiken2_2.jpg
    今回からOPが追加。ってなんじゃこりゃー!?
    これはガンダムパロなんですかね。
    私はガンダムはあんまり詳しくないので元ネタはよくわかりませんでしたが、
    スタッフが普通じゃないのはわかりました。もっとやれ。

    本編の方は笹原とクガピーの対立。クガピーの駄目駄目さはリアルすぎて
    痛々しいんですが、二人の間で板挟みになっている斑目を見るのが面白い。
    結局オギーの涙と春日部さんのリーダーシップで関係修復。
    やっぱ春日部さんは強いなあと思いながら、
    その春日部さんも高坂には敵わないというお約束にニヤニヤ。
    げんしけんは楽しいなあ。

    くじびきアンバランス
    gensiken2_3.jpggensiken2_4.jpg
    ええええ!ここまでやっちゃいますか。
    いくらスピンオフ作品とはいえ、
    単独でアニメ化した作品でそのまま妄想シーンを作ってしまうのは
    前代未聞じゃなかろうか。声優さんも勿論一緒だし、なんか贅沢だなあ。
    会長もいいけど個人的には蓮子様と山田の絡みが(ry



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 01:24 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (17)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第3話 「疑惑の転校生」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    顔も声もヘカテーそっくりな転校生近衛に風絶をしかけるシャナだったが、
    近衛の中に徒(ともがら)の気配を感じることはできなかった。
    ベルペオルが計画通りと言っていたので、さすがに全く無関係ということはないんでしょうが、
    単純にヘカテーが姿を変えてるわけじゃないようですね。

    syana3_1.jpgsyana3_2.jpg
    その近衛はドジっ娘属性持ちのお嬢様。しかも悠二のことが気になるようです。
    冗談でシャナ、吉田さん、ヘカテーの三人で悠二を取り合う事になるんじゃないかと予想してたが、どうも本当にそういう展開になりそうな雰囲気ですな。
    二期はラブコメがメインなんでしょうか。
    おヘソやらブルマやらサービスシーンが多めなのは結構ですが、
    そっちばかりに力入れすぎて肝心のシナリオがグダグダにならないかちょっと不安でもあります。

    いつの世にも雑魚と言うものは存在する
    syana3_3.jpgsyana3_4.jpg
    こいつが弱いのかシャナが強すぎるのかわかりませんが、
    あまりの雑魚っぷりにちょっと可哀相になってしまった。
    名前なんて言ってるのかわからなかったので、
    調べようと思ったんだけど公式サイトにも載ってなかったよ( ´・ω・)



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:30 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (41)  |  page top ↑

    おおきく振りかぶって 第24話 「決着」

    ★★★★★★★★★★(10)

    製作スタッフ、そして声優の皆様・・
    感動をありがとおおおおおおお!!

    文句のつけようがない素晴らしい出来でした。
    特に落ち込んでる三橋に皆が声をかけるシーンでは思わず涙腺崩壊・・。
    原作でも泣かなかったのになあ。声がつくとヤバイですね。

    なんでみんな優しい事言ってくれるんだ・・?
    oofuri24_0.jpg
    そんなのお前が仲間だからに決まってるだろおお!と言ってあげたいんですが、
    三橋にはそんな当たり前の事が理解できないんですよね。
    やっぱり中学での三年間で受けた傷は大きくて、そう簡単には癒えるもんじゃないんですね。
    それでも西浦で野球を続ける限り三橋にもいつかわかる時がくるんでしょう。
    まあ堂々としてる三橋はあんまり想像できないけどね(笑)

    投げ勝ってる!捕ってやるぜ!三橋!
    oofuri24_1.jpgoofuri24_2.jpg
    全国の泉ファンが絶叫したに違いないこのセリフ。
    実はアフタヌーン連載時には無くて、コミックスで追加されたんですよね。
    このシーンで泉の男前度がぐっと上がった気がします。
    その後の花井のレーザービームの動画も迫力あって最高でした。

    勝者がいれば敗者もいるわけで・・
    oofuri24_3.jpgoofuri24_4.jpg
    和さんと純太の泣くシーンは反則ですよ。だって声優さんの演技が本気過ぎるもん。
    あんなのつられて泣くに決まってるじゃないか!
    高校を卒業しても野球は続けるのかもしれない。
    でもこのチームで、そして甲子園を目指して野球をする事はもうできないんだよなあ。
    なんて残酷・・。でもそれこそが高校野球が見る者の心を打つ理由なのかも。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 23:04 |  .2007年終了アニメ おおきく振りかぶって |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

    レンタルマギカ 第2話 「魔女の誓い」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    1話見てさっぱりわからなかったので、
    切ろうかどうか迷ってたんだけど、どうやら今週が事実上の1話だったようですね。
    相変わらず専門用語連発で初見者置いてけぼりな所はありますが、
    多少人間関係を説明してくれたお陰で前回よりはついていけました。
    イツキは小さい頃に穂波を庇った時に、右目になにかされたのかな。
    穂波はその事を気にして魔法使いになったと言う訳か。
    アディはゲーティアというライバル会社の人間のようですが、いつきの事が気になる様子。

    一つ気になったのは、この世界では魔法は一般にも認知されてるんでしょうか?
    穂波やアディが明るいうちから空を飛びまくってるのがなんかシュールだなあと思ってしまった。

    OP「宇宙に咲く」/ED「歩いていこう。」
    rental2_1.jpgrental2_2.jpg
    OPもEDも歌詞付きとは珍しい。
    格好いいかどうかは別にして、単純に歌詞の意味がわかるのは嬉しいかも。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 21:53 |  .2008年夏終了アニメ レンタルマギカ |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第3話  「青の心配」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    週に一度のまったりタイム。スケッチブックの感想です。
    今週は弟の青が、天然過ぎる姉を心配するお話。
    姉があんな性格だと、弟は嫌でもしっかり物に育ってしまうんだろうか。

    book3_1.jpg
    空は外でも家でも変わらずのんびり屋さん。
    でも空腹の弟の為に何か作ってあげようとしたり、
    ちゃんとお姉ちゃんしようとしてるのが見てて微笑ましかったです。
    まあ出てきたのはお茶でしたけど・・。

    夏祭り
    book3_2.jpgbook3_3.jpg
    おー花火きれいだなあ。若干時期はずれとか気にしたら負けです。
    このアニメはこういう素朴な風景を丁寧に描いてて、好感が持てますね。

    鳥飼葉月
    book3_4.jpgbook3_5.jpg
    アイキャッチは鳥飼葉月。
    葉月っていうから8月生まれなのかと思えば、誕生日は5月なんだ。
    好きなもの100円ショップは凄い共感できるわー。あれは一人暮らしにはかかせません。
    一話から特売に興味津々だったけど、なるほど、貧乏節約家なんですね。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:42 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (0)  |  trackback (19)  |  page top ↑

    みなみけ 2話 「おかしな学校」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    まさかのふんどし押しに吹いた。楽しんでるなあスタッフ。
    1話はかなりはっちゃけてましたが、今週は原作に忠実な作り。
    Bパートの千秋メインの話は少しテンポが単調だった気もしますが、
    全体的に見れば十分面白かったです。来週は藤岡に期待。

    マキちゃん
    minamike2_1.jpgminamike2_2.jpg
    私は学校を辞めるっ!・・って、ただかまってもらいたいだけなんすね。
    パンツの事を言わせない為とは言え、
    友達にいきなりアイアンクローをかますSな春香様にドキドキです。

    おかしなこと
    minamike2_3.jpgminamike2_4.jpg
    千秋は男女が一緒になったら起こるおかしなことに興味津々。
    まあ深い意味とか無く単純な好奇心なんでしょうね。
    夏菜につられて自爆してしまった春香さんは非常に可愛かったですが、
    ちょっとリアル顔アップの演出は多すぎる気がしないでもない。
    まあ原作通りと言えば原作通りなんですけど。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: みなみけ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 19:08 |  .2007年終了アニメ みなみけ |  comment (0)  |  trackback (30)  |  page top ↑

    今期の感想スケジュール(暫定版)

    確定ではありませんが、こんな感じで行こうと思ってます。
    曜日は放送日ではなくて感想UP予定日です。
    ちょっと多いような気もしますが、頑張るよ。

    月曜  ジャンプ感想(本サイトでUP)
    火曜  ひぐらしのなく頃に解
    水曜  みなみけ
    木曜  スケッチブック、レンタルマギカ(たまに)
    金曜  灼眼のシャナⅡげんしけん2
    土曜  機動戦士ガンダムOO電脳コイルおおきく振りかぶって
    日曜  CLANNAD
    by たかはら  at 19:02 |  アニメ情報 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第15話 「祭囃し編 其の弐 蠢き」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    今週の見所はなんといってもCパートの宣戦布告ですよね。
    これをラストに持って来るとは、スタジオディーンはわかってるなあ。
    声優さんの演技もなかなか気合が入っててちょっと鳥肌立ってしまいました。
    堀江さんのこういう声は初めて聞いたけど悪くないですね。

    あとどうでもいいけど高野式呼吸法が出てきて吹いた。
    そこはちゃんとやるんだ(笑)

    踏まないでぇ・・。 踏まないでぇ・・。
    higurasi15_1.jpg
    うわああん、幼少期の三四はなんていい子なんだ。
    一二三と三四が一生懸命作った論文は、
    真面目に読まれることも無く足蹴にされてしまいました。
    どんなに優れた研究でも、権力者に必要とされなければ日の目を見ることはない。
    その事を痛いほど思い知った鷹野は勉強だけではなく、コネクション作りにも積極的に動き出します。

    「僕達はあなたの意思の強さに負けない!」
    「結構。かかっておいでなさい!貴方を神の座から引き摺り下ろしてやる!」

    higurasi15_2.jpghigurasi15_3.jpg
    このシーンは原作でも屈指の名シーンですね。流れてる曲がまた最高なんだ。
    さあこれで鷹野の過去が明らかになりました。
    今まで圭一達がどう足掻いても惨劇を回避できなかったのは、
    鷹野の強い意志の力が運命を強固にしていた為。
    その鷹野を打ち倒して運命を覆すには?そして最高の結末とは?
    来週も楽しみです。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 21:24 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (46)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第1話 「桜舞い散る坂道で」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    やっとこっちでも放送始まったぜー!
    秋の新アニメラッシュ。ラストを飾るのはCLANNAD。

    clannad1_1.jpgclannad1_2.jpg
    原作のゲームは未プレイ。
    実は友達が貸してくれたんだけど、アニメを楽しむ為に我慢して積んでます。
    どのような話なのかも全く知らないので、
    感想は見当外れの事を書いてしまうかもしれませんが、まあ生暖かく見守ってやって下さい。

    いやあ待ちわびましたよ。というか放送開始日に地域差ありすぎだよなあ。
    関西は9日遅れだけどCBCやBS-iしか見れない地域に比べるとまだ早い方ですからね。
    でもそんな不満がどうでもよくなってしまうくらいに、1話で惹きこまれてしまいましたよ。
    お話の方は1話という事でキャラクターの顔見せ程度だったんですが、
    映像と音楽の素晴らしさでもうテレビの前に釘付け。そして美少女アニメとは思えないくらい動く動く。この言葉で片付けてしまうのは逆に失礼な気がしますが、さすが京アニだよなあ・・。

    感動系と聞いていたのでもっと落ち着いた雰囲気の作品なのかと思ってましたが
    意外とコミカルなシーンが多いのも気に入りました。
    視聴&感想決定です。

    OP&ED
    clannad1_3.jpgclannad1_4.jpg
    OPは映像の素晴らしさに、EDは曲の美しさにそれぞれ感動。
    EDのだんごは渚のエプロンに描かれていたものと同じですね。
    そのうち本編の中でも出てくるんでしょうか。

    家族
    clannad1_5.jpgclannad1_6.jpg
    渚の触覚は母親の遺伝だったのかと思ったら、父よお前もか・・。
    どちらも変わった性格のようですが、暖かくて良い両親ですね。
    朋也の父親は妻を失ってしまったショックで酒に溺れる生活。
    これで暴力でも振るうような最低な父親なら、かえって縁も切れるんですが
    なまじ優しい部分が残っているから、朋也も見捨てられないといった所でしょうか。

    朋也と渚の家族の対比や、EDの「だんご大家族」等、
    家族と言う存在が重要なテーマになる事は間違いなさそう。
    これはヤバイですね。個人的に家族物には弱いので嫌でも期待が高まってしまいます。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 11:28 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (8)  |  page top ↑

    電脳コイル 第20話 「カンナとヤサコ」]

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    相変わらず内容が非常に濃いですね。
    シナリオ、バトル、共に面白かったです。
    今回はおばちゃんの過去、ハラケンへの告白、改造サッチーVS2.0等、
    見所は一杯あったのですが個人的に燃えたのはヤサコとイサコの協力。
    たまたま目的が一緒だっただけかもしてませんが、
    これがきっかけで少しは関係が良くなるといいなあ。

    今回で一段落着いた感じですが、まだ後6話も残ってるんですよね。
    気になるのは最後に猫目が電話していた相手。
    世界が滅ぶとか物騒な事を言ってましたが、このアニメどうなっちゃうんでしょう。

    カンナとハラケン
    koiru20_1.jpgkoiru20_2.jpg
    ようやくカンナに会う事ができたハラケン。
    わかっていた事ですがカンナはハラケンを恨んでなんかいませんでした。
    これでハラケンを悩ませていたカンナの呪縛には一応決着がついたのかな。

    新型キューちゃん
    koiru20_3.jpgkoiru20_4.jpg
    2.0と呼ばれてましたが、次々と形を変えて攻撃するのはなかなか面白かった。
    エヴァのラミエルの動きを彷彿とさせますね。
    結局イサコでも敵いませんでしたが、サッチーに変わる新たな敵になるのか。

    私の古い記憶によると、最初に用意された体は命のない空っぽの器だったそうです。
    冒頭のヤサコの言葉。今までは噂の話だったんですが今回は自分の記憶の話?
    用意された体って何の事だろう?新展開にも期待が高まります。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 22:28 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (3)  |  trackback (22)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第2話 「ガンダムマイスター」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    ソレスタルビーイングの登場に揺れる世界。
    各国首脳陣は、その存在や応対についての議論を繰り返していた。

    アバンの説明でなんとなく世界観は把握できた。
    ユニオン、人類革新連盟、AEUの三勢力に大きく世界は分けられ、
    今も紛争が耐えない状況のようです。
    これらの武力行為を根絶する事がスレスタルビーイングの目的なのは1話で語られたが、
    どうやら自らが悪者になる事で、各国の心を一つにまとめようという事らしい。
    いやあ無茶苦茶だなあ。でもこういうハッタリは嫌いじゃないです。
    世界観は面白くなってきたけど、ちょっと気になるのはキャラの魅力が薄い所。
    うーん、パイロットがクールな奴ばっかりなのはどうなんだろう?
    この作品に「燃え」を期待するのが見当違いなんですかね。

    パイロット達
    gundam2_1.jpggundam2_2.jpg
    スレスタルビーイングの所有するガンダムは4体。
    それぞれ近接、狙撃、爆撃、大砲とタイプが分かれてるようですね。
    個別の機体性能は圧倒的ですが、チームとしての連携はお世辞にも良いとはいえないみたい。リーダー役を押し付けられてるロックオンが不憫だなあ。

    君の存在に心奪われた男だ!
    gundam2_3.jpggundam2_4.jpg
    空から降ってきていきなり告白とはさすがアメリカ人はやる事がキザだなあ(マテ
    この人どっかのおぼっちゃんかと思ってましたが、
    れっきとしたユニオンのエースパイロットらしいです。
    一介のパイロットが勝手に戦闘をしかけて大丈夫なんでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:21 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (99)  |  page top ↑

    げんしけん2 第1話 「新会長のココロザシ」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    原作は既読。一期アニメは見てません。くじアンは見てました。
    なぜ今頃になって二期を?というのは私も疑問だったのですが、
    どうやら大人の事情のようです。制作会社が変わってるのもそのせいなのか。
    一期見てないので比べることはできませんが、1話見た限りだとかなり期待できそう。
    水橋さんは自ら荻上役を熱望していた(コミックス特典の同人誌にもマンガ書いてた)だけあって、雰囲気はぴったり。一回聞いただけでもうあの声以外考えられなくなってしまったぜ。

    ハラグーロVS笹原
    gensiken1_1.jpggensiken1_2.jpg
    これはUZEEEE!原作でもウザかったけど声がつくと三倍ウザイよ(笑)
    原口がしゃべってる時のBGMがカオスすぎて笑った。どんな演出だ。
    笹原はしゃべり方は下手に出てるけど肝心の所は譲らない。
    同人誌はその作品が好きだからこそ作る物。お金が第一じゃ意味が無いですよね。

    荻上さん
    gensiken1_3.jpg
    これ見よがしに絵を描いてアピールとか可愛すぎますね。
    そんなに同人誌作りたかったのか。あとテンパった時に出る方言とかたまりません。
    二期は荻上さんの出番が多くなるだろうから、声がぴったりだったのは嬉しいです。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん2 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:40 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (14)  |  page top ↑

    灼眼のシャナⅡ 第2話 「全ての序章」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    前回悠二の活躍で退けたメアが再び登場。
    1話のキャラデザが好きだったので、姿が変わってたのは残念だったよ。
    まあでも今回シャナの敵と言えるのははメアではなく吉田さんだったか。
    こちらはなかなか手強そうだ(笑)

    メアが意外にあっけなかったけど、
    あれはどうもゲームのキャラらしいので本編の方はこれからということでしょうか。
    確かに最後のヘカテー転入は続きが気になる。ちょっと面白くなってきました。

    お弁当
    syana2_1.jpgsyana2_2.jpg
    ポニテとエプロンを装備したシャナの戦闘力は異常だぜ!
    これはかわいい。ヒロインが料理を炭化させるのはもはやお約束ですね。
    でも一応食べられるメロンパンに取り替えてくれるあたりまだマシなんだろうか。

    転校生
    syana2_3.jpgsyana2_4.jpg
    ヘカテーの制服姿きたあああああ。テロップ空気読んでくれ・・。
    というかヘカテーってシャナたちと同年代だったのか。
    小学生くらいかと思ってたよ・・。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:17 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (53)  |  page top ↑

    バンブーブレード 第1話 「竹ぼうきと正義の味方」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    アニキッ!?カミナのアニキじゃないか!
    冒頭の小西さんの声がそのまんま過ぎて吹いたよ。

    声と言えば石田彰さんのダン君も面白かったです。
    本当に石田さんはどんな役でもこなせるなあ。

    bamboo1_1.jpgbamboo1_2.jpg
    秋の新番組第八弾は「バンブーブレード」。
    原作は既読。コミックスも持ってます。

    原作マンガが好きな作品だけに、期待半分不安半分で視聴しましたが・・
    たまちゃんかわいいよたまちゃん!

    HP見たときはキャラデザが結構変わってると思ったけど、
    動いてるのを見るとそんなに違和感なかったです。

    内容的には結構とばしてる部分もあったけど、
    これは1話に盛り上がる部分を持ってくる為なんでしょう。
    掴みは良かったと思います。このクオリティを是非維持して欲しい!

    視聴は勿論決定ですが、感想は気の向いた時だけになりそうです。
    水曜はスケッチブックもあるし、関西は最速地域に比べて一週間以上遅いですからね~。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: バンブーブレード -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:09 |  .2007年終了アニメ その他のアニメ |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第2話 「いつもの風景」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    やっぱり雰囲気が抜群に良いですこのアニメ。
    OPが初登場。清浦夏実さんの「風さがし」という曲です。
    絵も音楽もとても良い感じで癒されるわ~。

    「今朝はいつもをやめてみた」
    suketti2_1.jpgsuketti2_2.jpg
    普段より早起きした空は「いつも」と違った行動をしてみようと思い立つ。
    退屈な日常を変えるには、まず自分からという事でしょうか。
    実際には「いつもの行動」というのは、自分の生活が最適化された行動な訳で
    それを変えるのは結構勇気がいりますよね。

    普通の作品なら、いつもと違う行動をしたおかげで
    何か特別な事に巻き込まれたりするものですが、このアニメでは特に何も起こりません(笑)

    いつも通りすがりで会えてたネコ達は見つからないし、
    せいぜい最近使ってなかった辞書の間から四葉のクローバーが見つかるくらいの小さな幸せ。

    でも空はそれが楽しいのです。

    楽しい事が起きるから楽しいのは当たり前。
    「いつもと違う」を楽しむ事ができれば、人生は今の何倍面白くなるのだろう。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 23:19 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (2)  |  trackback (25)  |  page top ↑
    プロフィール

    見たアニメの感想書いてます。
    TB、コメント歓迎中。
    twitter始めました。基本フォローされたら返します。気軽にどうぞ。
    →2011年冬アニメ視聴予定a_btn155.gif

    好きなアニメ作品
    天元突破グレンラガン
    電脳コイル
    ソウルイーター
    喰霊 -零-
    キャシャーンSins
    ・交響詩篇エウレカセブン
    ・桜蘭高校ホスト部 などなど

    →このサイトについて
    →Web拍手返信
    ブログ内検索

    最近の記事
    カテゴリー
    Web拍手

    ご意見、ご感想等ありましたらお気軽にどうぞ。 相互リンクも募集してます。
    お返事はコチラで行ってます→Web拍手返信
    カレンダー
    09 | 2007/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    今期の感想スケジュール

    日曜
    ひだまりスケッチ365
    コードギアスR2
    月曜
    ソウルイーター
    火曜
    ストライクウィッチーズ
    水曜
    ワールドデストラクション
    木曜
    スレイヤーズREVOLUTION
    金曜
    マクロスF
    土曜
    鉄腕バーディ

    リンク(順不同、敬称略)

    いつもTB等でお世話になってます。
    相互リンク様
    空色きゃんでぃ
    サブカルなんて言わせない!
    よう来なさった!
    腐麗蝶の柩
    ソウロニールの別荘
    ハヤテのごとく!に恋してるっ!?
    物理的領域の因果的閉包性
    きざみ納豆(アニメ感想別館)
    徒然きーコラム
    破滅の闇日記
    地図曹長道中記
    混沌-chaos-という名のクロニクル
    紅の終幕劇
    アニメレビューブログ
    アニメは日本の文化遺産

    巡回リンク様
    Cat in the box - キャットインザボックス
    サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
    バラックあにめ日記
    アニメって本当に面白いですね。
    Spare Time
    リリカルマジカルS+
    SERA@らくblog
    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
    だってアニメが好きだから
    蒼碧白闇
    ミルクレモンティー
    Girlish Flower
    ラピスラズリに願いを
    おちゃつのちょっとマイルドなblog
    たらればブログ
    メルクマール
    アニメレビューCrossChannel.jp
    紅蓮の煌き
    wendyの旅路
    風庫~カゼクラ~
    所詮、すべては戯言なんだよ
    妄想詩人の手記
    Junk Head な奴ら
    karimikarimi
    ピンクの髪の……
    アニマライト

    FC2カウンター


    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。