スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    by たかはら  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

    げんしけん2 第8話 「こすけん」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    gensiken8_1.jpggensiken8_2.jpg
    今週も色々笑った。げんしけんは安心して見てられる良いアニメ。
    Aパートは大野さんと荻上の会話。
    なんだかんだいって大野さんは荻上の扱いが上手いと思う。
    あの際どいコスを着させるとは、最初の頃の二人では想像できないぜ。
    喧嘩腰になりつつも、お互い本音を言い合って距離が縮まるのは、
    正に青春という感じで羨ましい。
    大人になるにつれ、なかなか喧嘩してまで本音を言わなくなっちゃいましたが、
    それってどうなんだろうと考えさせられます。

    gensiken8_3.jpggensiken8_4.jpg
    Bパートは遂にやってきたクッチー活躍回!
    ・・・なんですが、あんまり報われないのがクッチーらしいというかなんというか。
    でもさすがに舌打ちは可哀相だと思うぞ荻上よ。
    クッチーは悪い奴じゃないんだぜー。空気は全然読めないけどさ(笑)
    頑張ったクッチーに対して、Cパートでフォローが入って本当に良かった。

    げんしけん2は12話で終わるけど、原作の最後までやる訳じゃないみたいですね。
    荻上の話が無いのは残念だけど、げんしけん3で時間とってやるならそっちの方がいいかも。



    押していただけると励みになります。
    スポンサーサイト
    テーマ: げんしけん2 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:14 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (7)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第9話 「悲しみのマイルストーン」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    珍しく?真面目なお話。
    久しぶりの戦闘シーンは結構迫力ありました。作画も今回は気合入ってましたね。
    マージョリーの過去話は思っていたよりずっと重たかったなあ。
    ユーリイの死が、ただの死ではなく助かる可能性があった上で見捨てたというのが大きい。
    これによってマージョリーは更に復讐に縛られる事になってしまったのでしょう。
    目的を果たせなければ犠牲になったユーリイも浮かばれないですし。

    佐藤
    syana9_1.jpgsyana9_2.jpg
    マージョリーの話を聞いて佐藤は思いつめた様子。
    復讐に囚われる姿を不憫に思ったのか、それとも自分の力の無さに悩んでいるのか。
    どちらにせよ、彼はマージョリーについていきそうですね。
    しかしフレイムへイズだったユーリイですら、
    マージョリーの相棒にはなれなかったのに佐藤はどうする気なんだろう。

    悠二
    syana9_3.jpgsyana9_4.jpg
    引き続き自在法の特訓を続ける悠二。
    遂に封絶を張る事に成功したみたいですが、
    その色はマージョリーが敵としていたトモガラと同じ銀色。
    おお、これは予想外な展開。ようやく話が動き出して面白くなってきたかも。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 22:28 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (33)  |  page top ↑

    2007年 冬 web拍手お返事

    拍手くれた方、本当にありがとうございます。
    遅くなりましたがコメントのお返事です。

    続きを読む »

    テーマ: ヲタク人日記 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 10:33 |  Web拍手返信 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第21話 「祭囃し編 其の八 48時間」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    うーん、もどかしいなあ・・。
    48時間作戦が決行され、ここから怒涛の戦いが繰り広げられるはずなんですが、
    見てていまいち盛り上がりが伝わってきません・・。
    ストーリーの枠だけを無難にこなしてるという感じで、
    原作を超えてやろうという気迫みたいな物が感じられないのが悲しいです。
    残り3話しかないというのもかなり心配なんですが、なんとか頑張って欲しい。

    粋がるなよ、刑事魂も無いくせに
    higurasi21_1.jpghigurasi21_2.jpg
    所詮上からの命令で動いている大高とでは覚悟の量が違うという事でしょうか。
    いやー、この場面はスカッとしましたね。
    先週に引き続き大石株は急上昇中です。

    トミー
    higurasi21_3.jpghigurasi21_4.jpg
    Cパートは富竹の脱出劇。
    機関車~のセリフを持ってこなかったのは、
    シリアスな空気を壊したくなかったからなんでしょう。
    しかしこれほどまでに冨竹に期待が寄せられた事があっただろうか。
    ここが男の見せ所だぜトミー。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:16 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (42)  |  page top ↑

    CLANNAD-クラナド- 第7話 「星型の気持ち」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    風子と公子を会わせる事に成功した朋也と渚だったが、
    公子には風子の姿を見ることはできなかった。
    それどころか関係の薄かった者から風子の姿は見えなくなり、記憶からも消えてしまう。
    朋也が風子マスターになったり、渚と風子のだんご大家族VSヒトデなど
    笑えるシーンもまだまだ多いのですが、そろそろ泣かせにきたなあという感じ。
    今はまだ大丈夫のようですが、その内朋也と渚も風子の事を忘れてしまうんでしょうか・・。

    ふうちゃんは誰にも寄って行かない子だって・・
    clannad7_1.jpgclannad7_2.jpg
    風子は極度の人見知りなんですね。
    それを考えると風子にとって自分から他人に話しかけるという行為は、
    凄い勇気のいる行動なんだろう。
    それでもヒトデを配り続けるのは、皆に姉の結婚を祝って欲しいという気持ちに加えて、
    自分に友達ができた所を見せて姉を安心させたいという想いもあったのかも・・。

    もう目を覚ます事はないだろう
    clannad7_3.jpgclannad7_4.jpg
    風子を見える人が少なくなってきているのは、風子自身の力が弱くなってきているせい?
    それでも風子が驚いたり悲しんだ素振りを見せないのは、
    最初からすべてわかった上での行動だったからなのか・・。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 11:58 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (2)  |  trackback (4)  |  page top ↑

    電脳コイル 第25話 「金沢市はざま交差点」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    いよいよ電脳コイルも来週で最終回。
    クライマックスだけあって、いつも以上に作画は気合入ってました。
    まさかのサッチーと2.0の空中戦は下手なロボットアニメより迫力あったよ。
    ただお話の方は膨らみすぎてて後30分で全部収拾がつくか、かなり不安になってきたなあ。
    おいてけぼりになっているフミエやダイチ達はずっとこのままなんだろうか。
    猫目と話していた人物や、メガマス側の人間がまだ出てきてないのも気になります。

    ずっとあなたのそういう所が嫌いだった
    koiru25_1.jpgkoiru25_2.jpg
    謝ってすんなり仲直りとはいかない所が生々しくてこのアニメらしいですね。
    悲しいですが、苛められた者の気持ちは苛めた者には決してわからないという事でしょうか。
    今回でマユミがヤサコに苛められたと思っている理由は明らかになったわけだけど、
    ヤサコがマユミに苛められていたと思っていたのはなんでだろう?
    さすがにこれでこの話終わりじゃないと思うけど、マユミ再登場はあるのか。

    4423とはイサコ自身の事だったのじゃ
    koiru25_3.jpgkoiru25_4.jpg
    な、なんだって~!?
    とりあえず驚いてみたものの、
    これがどういう意味を持つのかさっぱりわかりません。
    信彦は事故の直後に死んでいて、イサコの記憶の中にいるお兄ちゃんとは別人なんだろうか。
    あれはイサコが入院中に電脳医療で見せられた記憶とかそんな感じかも。
    まあ予想しても当たらないんだろうなあ、大人しく来週を待とう。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 09:41 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (0)  |  trackback (20)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第08話 「無差別報復」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    あれ、テロ組織は1週で壊滅?
    結局マリナと刹那の出会いがやりたかっただけなのかな、
    この辺はちょっと強引な展開だったかもしれない。
    後戦闘シーンが毎週あるのはとても良いと思うのだが、
    最近はワクワクするような戦闘が少なく、とりあえず入れとけみたいになってるのが悲しい。
    来週はソーマとの戦闘みたいなので期待しよう。

    水着
    gundamu8_1.jpggundamu8_2.jpg
    これはカモフラージュじゃなくて、完全にスメラギさんの趣味だと思いました。
    スメラギさんはわざと際どい格好をして、部下が動揺するところを見るのが趣味なんだ。
    全く困った上司なんだぜ。もっとやって下さい。

    マリナ&刹那
    gundamu8_3.jpggundamu8_4.jpg
    今週も刹那が問題児っぷりをいかんなく発揮。
    任務失敗した上に、あっさり本名しゃべっちゃったよ。
    この前ティエリアに怒られたばっかりなのに何やってんだ・・。
    マリナとの第一接触は果たしましたが、刹那にとってマリナは敵国の皇女、
    マリナにとって刹那は憎むべきCBの一員、と印象は最悪っぽいですな。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 23:09 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (64)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第8話 「過去への扉」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    アバンのあらすじ・・(笑)
    間違っちゃいないけど、そんな真剣に語られても。
    今週もギャグ回なのかと思いきや、意外と真面目なお話でした。

    シュドナイ
    syana8_1.jpgsyana8_2.jpg
    あれ?シュドナイってただのロリコンじゃなかったのか。
    まさか姉さんがあっさりやられてしまうとは・・。
    でもここで止めを刺さない意味がよくわかりませんね。
    時間を無駄にしたくないって、そんなに時間かかるものじゃないだろうに。

    ユーリイ
    syana8_3.jpgsyana8_4.jpg
    「誰かの為に戦う」という異色のフレイムへイズ。
    マージョリーは佐藤とユーリイを重ねてみているんでしょうか。
    「死ぬわよ」という言葉がこの時の経験から来ているのだとすると
    来週は重い話になりそうです。
    しかしこの頃から姉さんは年下に好かれる才能があったんですね。
    姉さんの方も顔を赤らめてまんざらでもなさそう。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナⅡ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:48 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (36)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第8話 「ラジカセと少女の二本立て」 [

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    だめだ・・こいつら、はやくなんとかしないと・・。
    book8_1.jpgbook8_2.jpg

    今週は涼風コンビと1話に出てきたカメラ少女のお話。
    葉月は壊れたラジカセを修理できる人を探していたが、何故か涼風コンビに依頼する事に。
    まず美術部内で探す事が間違ってると思うが、せめて部長とかに頼めばいいのに。
    案の定修理そっちのけでボケ倒す二人、これにはいつもはボケ役の麻生さんも呆れるしかないな・・。

    空の方は一味違うお茶を持ってお散歩。そこでカメラを持った少女と出会う。
    絵ではとらえられない一瞬を写す少女と、写真には写らない本質を描く空。
    写真で撮ったものをわざわざ絵にする意味があるのか?と思ったけど、
    空には見えてるものが違うんですね。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 00:08 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (0)  |  trackback (2)  |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第20話 「祭囃し編 其の七 トラップ」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    徐々に鷹野包囲網が結成されていく。
    先週の入江に引き続き、富竹、大石、赤坂の協力を取り次ぐことに成功。
    部活メンバーにも真実を話し、皆が一つにまとまっていく。

    今週はいつもに比べると弱かったかな。
    皆を説得する場面があっさりし過ぎて、説得力に欠けてたような・・。
    尺が足りない影響をモロに受けちゃった感じでしたね。
    構成面だけでなく作画も微妙に落ちている感がありちょっと心配ですが、
    これは後々盛り上がる部分の為に力をためているのだと信じたい。

    梨花ちゃん&赤坂
    higurasi20_1.jpghigurasi20_2.jpg
    梨花ちゃんに抱きつかれる赤坂が羨ましいぜ。
    これは演技ではなく、素の梨花ちゃんなんだろうなあ。
    思わずうれし泣きしてしまう梨花ちゃんが可愛すぎる

    沙都子の事も頼むんな
    higurasi20_3.jpghigurasi20_4.jpg
    この辺は地味ですが重要なシーンですよね。
    村人やお魎も皆殺し編の記憶がわずかに残っているのでしょう。
    あの理不尽で悲しい物語も決して無意味ではなかったという事で救われます。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:13 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (39)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第6話 姉と妹の創立者祭」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    clannad6_1.jpgclannad6_2.jpg
    冒頭から飛ばしてるなあ。伝説のヒトデ使いってなんだよ(笑)
    ヒトデパンは意外と美味しそうと思った私は異端なんだろうか。
    ギャグ分がかなり多かったように思いますが、油断してると最後の方で泣かされます。
    今週はいつものヴィジュアルに加えてBGMも良いものが多かったなあ。
    特に印象に残ったのは三井さんとの会話シーン。
    また断られるんじゃないかと震える声でヒトデを差し出す風子の顔が
    笑顔に変わる所はちょっとグッと来るものがありました。

    メイド喫茶
    clannad6_3.jpgclannad6_4.jpg
    今朝のハヤテのごとくでもやってましたが、アニメを見てると、
    学園祭と言えば必ずメイド喫茶が出てくる気がします。
    現実でもこんな夢のような事が行われているのだろうか・・。
    風子を見ている朋也と渚はもう夫婦にしか見えませんな。にやにや。

    風子ファンクラブ
    clannad6_5.jpgclannad6_6.jpg
    新たなキャラクターとしては親衛隊の三人組。
    最初は怪しい奴らかと思ったが、別に下心とかがあるわけじゃなさそう。
    単なる脇役に過ぎないのか、それとも本編に絡んでくるのか気になります。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 美少女フィギュア -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 18:55 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (5)  |  page top ↑

    電脳コイル 第24話 「メガネを捨てる子供たち」

    ★★★★★★★★★☆(9)

    静かで悲しい回。
    デンスケの声が聞こえたように思わせる演出は酷いなあ・・、でも上手い。泣けます。
    ヤサコと母親のシーンも良かった。個人的にはかなり好きな回です。

    偽物と本物
    koiru24_1.jpgkoiru24_2.jpg
    イサコの事件が発覚し、次々にメガネを取り上げられる子供達。
    あのような事件があった以上、メガネを子供から遠ざけるのは親として当然でしょう。
    でもそれはなかなか子供には理解されないもの。
    誰しも一度は「大人は何もわかっていない」という思いを感じた事があるのではないでしょうか。
    だけどヤサコ母の言葉には、ちゃんと娘に対する愛情が溢れています。
    そして触れられて暖かいものが大事というのも紛れも無い真実。
    だからこそヤサコは自問する。

    母の言葉は間違ってないと思う。じゃあ矛盾するこの胸の痛みはなんなんだろう。
    何が本物なのか、何を信じればいいのか・・。それはこの胸の痛みが示す先にある。

    悲しみの底からヤサコは立ち上がり、そして走り出しました。
    ラスト2話なのにどう終わるのか全然予想がつきませんが、
    願わくば彼女の進む先に信じるべき答えが見つかりますように。

    ダイチ
    koiru24_3.jpgkoiru24_4.jpg
    涙目のフミエが可愛い。
    そしてフミエのピンチに颯爽と現れるダイチ!
    これはさすがのフミエもダイチに惚れるかと思ったらあのオチ・・、まあこれもダイチらしいか(笑)
    さて、舞台は金沢に映ってしまいましたが、
    ダイチとフミエ達はこのまま大黒市に残ったままなんだろうか。

    金沢のまゆみちゃん
    koiru24_5.jpg
    おお、ここでまゆみちゃんか。
    全然出てこないので忘れられてるのかと思った。
    どっちも自分がいじめられていると思ってるってどういう状況なんだろう。
    そしてまゆみとあの交差点にはどういう繋がりが?来週も見逃せません。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 15:41 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (0)  |  trackback (19)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第07話 「報われぬ魂」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    今更だがスメラギさんの格好は完全にセクハラだろう。
    あんなのが上司だったら落ち着いて仕事できないぜ。
    あと刹那はどんどん変な奴になってますね。
    ロボット物の作品でここまで主人公に共感できないのもどうかと思うが
    彼がマリナに出会って変わっていくのが本筋になるのだろうか。

    アリー・サーシェス
    gandum7_1.jpggandum7_2.jpg
    サーフェスが意外と悪人だったのは驚き。
    てっきりサーシェスは孤児だった刹那を育てた恩人みたいな存在かと思ってましたが、
    回想を見ると単純に利用していただけと見ていいのかな。
    MSの操縦については刹那より一枚も二枚も上手のよう。
    というか刹那は操縦はあまり得意じゃないのか・・。
    彼が何故ガンダムマイスターに選ばれたのかも興味があります。

    無差別テロ
    gandum7_3.jpggandum7_4.jpg
    テロに対して意見の分かれるマイスター達。
    というか相変わらず仲悪いなこいつら。少しはハロを見習いなさい。
    スメラギさんや上層部の人間はこの展開を予想していたようですが、
    ソレスタルビーイングはどう動くのか。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 11:49 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (40)  |  page top ↑

    げんしけん2 第6話 「趣味のモンダイ」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    オギーかわいいよオギー!
    げんしけん面白いなあ。(毎回同じ事言ってるような気がするが・・)
    原作を知ってても毎回新鮮な驚きがある所が素晴らしい。

    ところで今回で6話が終わったわけですが、これ1クールで全部終わるのだろうか?
    原作で言うと今6巻が終わったところで、あと3巻分(15話)も残ってるんだけど・・。
    もしかしてげんしけん3まで続くの・・?

    妄想オギー
    gensiken6_2.jpggensiken6_2.jpg
    先週のお返しとばかりに、荻上さんで妄想する男達。
    みんなの中で荻上=ゴスロリ少女というのは決定なのか(笑)
    荻上と斑目のツーショットは珍しいなあ。なんか初々しくて良いです。
    クッチーなんてことをおおお!それはゆるせーん!

    リアルオギー
    gensiken6_3.jpggensiken6_4.jpg
    口ではオタクなんてと言いつつも、結局コミケに足を運んでしまう荻上。
    まあ根っからのオタクなんだから仕方ないよね。
    ここで藪坂さんの登場は、原作とはちょっと違いますよね(あまり覚えてないけど)
    彼女も好きなキャラなので、今から楽しみだ。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん2 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 19:27 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (18)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第7話 「池速人、栄光の日」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    もう池と吉田さんが主役で良くないか?(笑)
    今回も話の本筋は全く進まなかったけど、
    池が面白すぎたのであんまりストレスは感じませんでした。
    ヘカテーも今回は奇人振りを発揮してなかったしね。
    次回は佐藤と田中の回みたいです。
    サブキャラもいいけど、そろそろ悠二のフォローもお願いします。


    syana7_1.jpgsyana7_2.jpg
    間違いなく今週の主役でした。池はスタッフに愛されてるなあ。
    損な役回りだったけど、後味悪くならなかったのは良かったです。
    それにしても池ってこんなキャラだったけ?
    まあ面白かったからいいんですが、一期の時は単に不憫な奴だった気が・・。

    シャナ
    syana7_3.jpgsyana7_4.jpg
    おいおい、スカートでバンジーとかワイルドすぎるだろう(笑)
    上にいる佐藤達には丸見えだと思うんですがどうなったんだ。
    もらった景品を嬉しそうに見つめるシャナは可愛かったです。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 18:24 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (49)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第7話 「9月の日に…」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    言葉は伝わらなくても気持ちは伝わる。
    book7_1.jpgbook7_2.jpg
    麻生さんの一生懸命さも、空がケイトにノートを渡したのも
    どちらも相手の事を真剣に想った行動だから、
    言葉なんて関係なく伝わるんだろう。

    国際派とは程遠い麻生さんでしたが、
    春日野先生の人選は実は正解だったかもしれませんね。
    本編では和み、猫パートでは金朋さんのテンパリ具合で笑う。
    良いバランスだと思います。

    猫の名前はブチ
    book7_3.jpgbook7_4.jpg
    よく外人さんが痛い日本語のタトゥーとか彫ってるけど、あれに比べればまだマシかと・・。
    一応猫の名前としてはオーソドックスだしね。
    それにしても猫の世界も、国によって言葉が違うとは知らなんだ。
    ハーさんはどこで英語なんて覚えたんだろう・・。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 23:47 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (0)  |  trackback (20)  |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)


    はにゅーーーん!!
    という事で、傍観者を止めた羽入が転校生として登場。
    自己紹介の可愛さは反則だろう。あれはレナじゃなくてもお持ち帰りしたくなりますよ。
    最近は陰鬱な話が続いていたので、無邪気に部活に興じる皆を見るのは素直に楽しかった。
    鷹野が羽入に向けて言ったあの言葉がなかったり、
    赤坂の登場が割とあっさりめだったりで、少し拍子抜けした部分もありましたが、
    今後の盛り上がりに期待したいです。

    お持ち帰り~♪

    ちょ、レナはじけすぎ(笑)
    だれかレナを止めろー!ってなんて縛り方してんだーー!?
    亀甲縛りってかなり難しいんじゃなかったっけ。
    あれは圭一の趣味なんだろうか。

    赤坂登場

    皆殺し編では呑気に温泉に浸かってた赤坂。
    あのあと雛見沢が全滅し、大石も梨花ちゃんも死んでしまった事を知って
    彼はきっと後悔したのでしょう。
    その記憶を継承しているからこそ、今回再び雛見沢にやってきた。
    祭囃子編では汚名返上といくのでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 22:06 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (47)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第5話 「彫刻のある風景」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    風子の話が本当かどうか確かめるために姉の公子を訪ねる朋也と渚。
    ああ、前回パン屋で会ったお姉さんが風子の姉だったのか。
    ということは謎の電気工が結婚相手だったりするのだろうか?
    公子の話によると結婚の話は妹にしかしていないらしい。でもその妹は現在も入院中で意識がない状態との事。ここまで言われると逆に別人じゃないかと疑いたくなりますが、
    key作品だから普通に生霊の可能性もありそうですな。

    チャンスですね、渚ちゃん

    公子に朋也との関係を疑われて照れる渚が可愛すぎます。
    声だけじゃなく、ちゃんと表情で気持ちが伝わってくるのがお見事。
    真偽の程はともかく、困ってる風子の為に何かしてあげたいと言う渚。
    「他人のことだとやたら一生懸命になるのな?」って朋也は言えた義理じゃないと思うよ。
    全くこのお人好し夫婦め。もっといちゃいちゃしろ。

    ヒトデ

    おいおい本当にヒトデだったのか。
    確かに星を彫って配る意味もわからんが、ヒトデはもっと意味不明だろう。
    これは単に風子の趣味?それともちゃんと理由があるのかな。
    全く疑わずにヒトデを彫り続ける古河家は微笑ましいね。


    風子の為に、皆で特別授業を開くことに。こういうあったかい雰囲気は良いですね。
    早苗さんはパン屋より教師の才能がありそう。でも本人は嬉しくないんだろうな。
    あと、何度か出てきたふわふわ飛んでる白い球はなんなんでしょうね。
    まさかこれがたまに取れるというry(最低な発言禁止!)



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 20:36 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (3)  |  page top ↑

    電脳コイル 第23話 「かなえられた願い」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    今週も面白かったです。
    なんというかクライマックスがずっと続いてる感じで気が抜けません。
    前半のおばちゃんの説明はちょっと難しすぎな気もしましたが、
    あの辺はなんとなく理解しとけばいいのかなー。
    残り話数が少なくなってきましたが、全部の伏線をちゃんと回収できるんですかね。
    それだけがちょっと心配だ。

    ママに怒られちゃう

    色仕掛け強えええ(笑) 二人ともノリノリで笑った。
    こんな可愛いイサコを見れるのは多分最初で最後でしょう。
    しかしこれはどっちが言い出した作戦なんだろう。
    二人で打ち合わせとかしてる絵を想像するとちょっと笑える。

    メガネで見える物なんて全てまやかしだ
    もうメガネなんて捨てて、手で触れられるものだけを信じるんだ


    前にハラケンの担当医も同じような事を言ってましたね。
    要は現実に戻って大人になれという事?
    でもこれがこの作品のテーマだとすると、
    子供に対して夢を見るなと言ってるような物でちょっと不自然な気がしますね。
    次回で一旦はメガネを捨てるようですが、まだ何かありそうです。

    デンスケ

    ちょおおおお!!デンスケええええええ!!!
    イサコはアッチに連れて行かれただけなので、
    京子の時のように救出できそうな気がしますが、デンスケは本当に消えちゃったんですかね。
    EDでとぼとぼ歩くデンスケがどこか遠くに行っちゃいそうで切ないです・・。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 電脳コイル -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 13:11 |  .2007年終了アニメ 電脳コイル |  comment (0)  |  trackback (20)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第6話 「セブンソード」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    世間って意外と狭いんだなあというお話。
    今週出てきた新キャラのサーシェスは、刹那のゲリラ時代の知り合いのようです。
    回想を見る限り、刹那を育ててくれた恩人のような存在なのでしょうか。
    更にスメラギさんとポニテ君も大学院の同級生でした。
    こっちはなにやら怪しい関係?元恋人とかそういう感じか?
    今までは政治的な視点で物語が進んできましたが、
    徐々に個別の人間ドラマにもスポットが当てられていくのかな。

    AEUのエース

    みんな大好きコーラサワーが帰ってきたぜ!
    AEUのエースってのはてっきり自称なのかと思ってましたが、
    本当にAEUの中では彼が一番っぽいです。AEUどんだけ人材不足なんだ・・。
    期待通りのかませ犬っぷりを見せ付けてあっさり退場。
    次の出番はまた当分先なんだろうか。

    新武装

    今までも性能差は圧倒的だったので、
    イマイチ新武装の凄さが伝わってきませんでしたね。
    来週は遂に来たかという感じの敗北エピソード!?
    そろそろ大きく話が動き出すのだろうか。面白くなってきました。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 22:04 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (3)  |  trackback (71)  |  page top ↑

    げんしけん2 第5話 「マダラメ総ウケ」

    ★★★★★★★★★☆(9.5)

    ちょ、何だコレは!笑い殺す気かーーー!!
    前回予告からこういう方向なのはわかってましたが、想像を遥かに超える出来でした。
    30分の内、半分以上がBLシーンとか、
    げんしけんスタッフは頭がおかしいとしか思えないぜ!(最大級の賛辞です)
    無駄に気合の入った作画とか、実はちゃんとストーリー仕立てになってる所とか、
    一見馬鹿らしいことを全力でやる姿勢が実に気持ちいい。
    とりあえず今年見たアニメの中では一番笑ったと思います。

    斑目総受け

    皆凄かったけど、個人的にはクガピーと田中がツボでした。
    完全に別人じゃねーかこれ!しかもクガピー鬼畜過ぎる(笑)
    笹原と斑目のキスシーンは普通に映ってるのに、
    高坂と咲ちゃんのキスは修正入れるとか、明らかに間違ってますから!

    荻上フィルター

    何気に荻上の入浴シーンとかあったんだな・・、
    BLシーンのインパクトが強すぎて全く頭に残ってないや・・(笑)



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:59 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (23)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第6話 「試練の前夜」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    今週で仲違いしていた悠二とシャナの関係は元に戻ったと見ていいのかな。
    ただ、結局シャナの方から歩みよる形で、悠二の鈍感さが全く解消されてないのが
    ちょっと気になりました。正直言って私の中で悠二の好感度がドンドン下がってるんだけど、
    これは製作側の狙い通りなんだろうか。
    来週は池が主役の回みたいですね・・。
    うーん、別にバトルシーン目当てで見てる訳じゃないし、
    こういうラブコメ展開も嫌いじゃないんだけど、そろそろ動きが欲しいなー。

    マージョリー

    なんという恋愛相談バー(笑)
    恋に悩む乙女達に、見事なアドバイスをしてあげる所はさすが大人の女性ですな。
    マージョリーに嫉妬するオガちゃんが可愛かったです。

    シャナ&吉田さん

    共闘とまではいきませんが、険悪なムードはなくなりました。
    吉田さんはいい娘じゃないか。今回でかなり株があがったなあ。
    シャナも料理を褒めたり、「吉田和美が仕事を放棄するはずがない」とか、
    何気に認めてる描写があったのが良かったです。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:56 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (44)  |  page top ↑

    スケッチブック ~full color's~ 第06話 「夏の想ひ出」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)
    今週は先生のわがまま?に付き合わされて合宿をする事に。
    合宿の話なのにメインは入学当時の回想だったりで、なかなか変わった展開でした。
    空は今でも重度の人見知りだけど、最初はもっと酷かったんですね。
    中学時代はあれでやっていけてたんだろうか・・。

    春日野日和

    美術部の顧問。でもある意味一番子供と言えるかも。
    顧問の割に絵を教えてるシーンとか無いけど、先生自体は絵が上手い訳ではないのかな。
    声は広橋さんなのか~。
    バンブーブレードのたまちゃんと一緒って言われると凄い違和感感じるな(笑)

    黒い悪魔

    うわあああ!これは絶対トラウマになるだろう。
    私はゴ○ブリとか口に出すのも嫌なくらい苦手なのでちょっとキツかったです。
    でも虫好きの栗原先輩も嫌がってるのを見てちょっとほっとしました。
    さすがにアレを顔に乗っけてる絵とかは萌えられないぜ。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 00:34 |  .2007年終了アニメ スケッチブック |  comment (0)  |  trackback (23)  |  page top ↑

    レンタルマギカ 5話

    録画失敗しました・・OTL
    レンタルマギカは1話くらい飛ばしてもなんとかなりそうなのが救いか・・。
    by たかはら  at 19:05 |  .2008年夏終了アニメ レンタルマギカ |  comment (0)  |   |  page top ↑

    ひぐらしのなく頃に解 第18話 「祭囃し編 其の伍 最後の駒」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)
    「さあ、始めましょう。この日の為に、100年もの時間をかけたのだから・・・」
    梨花ちゃん格好いいよ梨花ちゃん。やはりひぐらしは名言が多いなあ。

    今週は4年目の雛見沢村連続殺人事件と聡史の失踪の舞台裏。
    そこにあったのはオヤシロ様の崇りなどではなく、ただただ悲しい真実だけだった・・。
    これで解の『種明かし』の部分は全て終わりですかね。
    後はどうやってこの先起こる運命に立ち向かうのか・・。
    満を持して登場した圭一に期待したいです。

    部活結成

    沙都子が安らげる時間は学校に居る間だけ・・。
    それなら学校に居る時間を長くすればいいという事で、魅音は部活動を発案する。
    なるほどー、今では皆が楽しんでやってますけど、最初は沙都子を守る為だったんですね。


    新しい風と最後の駒

    梨花ちゃんと羽入の勧誘によって、前原一家が雛見沢にやってきました。
    羽入のワンピ姿はいいね!
    前原父の顔が執拗に隠されてたのはなんでだろう。梨花パパは普通に出てたのに。

    圭一が転校してきて、何かが変わりそうな予感を感じる梨花ちゃんと羽入。
    でも皆殺し編で学んだのは人に任せるだけではなく、
    自分から立ち向かわないと何も変わらないという事。
    最後の駒である羽入が揃った時、奇跡が起こるのでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 21:22 |  .2007年終了アニメ ひぐらしのなく頃に解 |  comment (0)  |  trackback (42)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第4話 「仲間をさがそう」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    演劇部の復活を目指して活動を続ける渚が
    生徒会に呼び出されてしまうという重苦しい引きから、
    そろそろシリアス展開になるのかと思ってたけど、全然そんな事なかったぜー!
    春原祭りに渚と椋の百合展開とかむしろギャグ回と言っても差し支え無し?
    アバンで真面目な話をしてるのに、妙にBGMが軽いなあと思っていたらこういう事だったのか。

    春原

    生徒会から部員集めを禁止され、落ち込む朋也と渚の前に現れたのは・・
    お前かよ!
    なんか格好よく登場したけど、前のシーンで馬鹿やってたので全然説得力ねえ!
    今週は春原祭りでしたね。面白かったー。
    実を言うと最初の春原の印象はあまり良くなかったんですが、
    回を追うごとにどんどん好感度がアップしてます。

    風子

    春原の髪の毛の色につっこむ風子に笑った。そこつっこんでいいんだ。
    アニメキャラの髪の色の異常さにはスルーするのが暗黙の了解かと思ってたよ。
    むしろ緑とかピンクとかでてこないだけ、この作品はまともだよね。

    風子は交通事故で入院しているはず!?
    衝撃の事実が明かされて、これから個別ルートに突入するんでしょうか。
    序盤に担当が終わっちゃうと後半は風子出てこなくなっちゃうのかな?
    それだけがちょっと心配だ。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 09:46 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (5)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第5話 「限界離脱領域」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    今週はアレルヤ回かと思いきやセルゲイ中佐がいい味出してます。
    割と非情な人なのかと思ってましたが、
    MSに乗るためだけに生まれてきたソーマの境遇を哀れんだり、
    率先して人命救助に向かったりと、なかなか良識のある大人のようですね。
    若い登場人物が多い中、こういうおっさん世代が活躍してくれるとなんか嬉しいな。

    色々と細かい突っ込みどころはありますが、
    わかりやすい展開でよかったんじゃないでしょうか。
    今回の人命救助がきっかけで、世間やサジ達のソレスタルビーイングに対する見方が
    どう変わるのかも気になります。

    ソーマ少尉

    超兵計画の為に生み出されたデザインベイビー。
    要は戦争をする為だけに作られた命という事ですか。
    アレルヤに反応して暴走してしまったけど、どういう関係なんでしょうね。

    アレルヤ&ハレルヤ

    アレルヤの口調が急に変わったと思ったけど、これは二重人格?
    幼い頃の事故で宇宙を漂流した経験が原因みたいですね。
    これは一つの人格が分かれてしまったのか、
    それとも別の人間の人格が入り込んでいるのかどっちだろう?



    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 22:06 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (86)  |  page top ↑

    2007年秋 Web拍手 お返事

    拍手くれた方、本当にありがとうございます。
    遅くなりましたがコメントのお返事です。

    続きを読む »

    by たかはら  at 19:23 |  Web拍手返信 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

    げんしけん2 第4話 「デキテンデスカ?」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    やーげんしけん楽しいなあ。本気でDVD購入を検討してる私がいます。
    今週は原作ではいつの間にかくっついてた田中と大野さんのなりそめを補完。
    大野さんは漫画版では恋愛経験豊富そうなイメージだったので、
    「ヤり方知らないんです」とか言っちゃうのはちょっと意外でした。
    でもこれはこれで可愛いかもと思っていたら、なんと脚本は木尾先生自身が担当。
    これは公式設定ということかー!?
    クッチーのコスプレは言わずもがな、笹原の落ちも絶妙でした。腹抱えて笑ったよ。


    オリジナル展開はあんまり期待してなかったんだけど面白かったー。
    問題は1クールだったら尺的にギリギリっぽい事かな。
    スージーとオギーの話はなんとしてもやって欲しいなあ。

    「キツイ事言うねえ・・」「そ、そういうのを俺に求めてるんだろ」

    この二人の関係は良いですね~。
    必要以上に甘やかすでもなく、それでいて突き放すでもなく。
    くがぴーの株がちょっと上がったかも。

    次回「マダラメ総受け」

    やべえ、絶対見るわ(笑)



    押していただけると励みになります。
    テーマ: げんしけん -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:17 |  .2007年終了アニメ げんしけん2 |  comment (0)  |  trackback (20)  |  page top ↑

    灼眼のシャナⅡ 第5話 「家族の食卓」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    相変わらず4角関係(池も入れると5角関係?)が続いてますね。
    今回はさらにオガちゃんと栄太まで参戦するのかとヒヤヒヤしてしまったぜ。
    さすがにその展開にはならなくてほっとした。
    全体的に重い雰囲気の中、あの二人の初々しさは和みます。


    悠二とシャナの関係は相変わらずギスギスしたまま。
    期待してたシャナと吉田さんの共闘もみられませんでしたね。
    ヴィルヘルミナとシャナの仲直りはそれなりに良い話だったものの、
    なんか全然話が進んでない気がします。うーん、この調子で大丈夫なんだろうか。

    ヴィルヘルミナ

    シャナとヴィルヘルミナの間にも険悪な空気が・・。原因は偏った食事でした。
    まあ確かに毎日毎日カップラーメンばっかりじゃ飽きるし、栄養的にもよくないですよね。
    そこでヴィルヘルミナがシャナを喜ばせるために挑戦した料理はロールキャベツ。
    あえて食材にキャベツを選ぶ所に他の意図を感じるのは考えすぎか?
    結局料理は味よりも愛情が大事だということで結論。
    ベタな展開と言えばそれまでだけど、シャナの笑顔が反則的に可愛かったからいいか。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 22:47 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (55)  |  page top ↑
    プロフィール

    見たアニメの感想書いてます。
    TB、コメント歓迎中。
    twitter始めました。基本フォローされたら返します。気軽にどうぞ。
    →2011年冬アニメ視聴予定a_btn155.gif

    好きなアニメ作品
    天元突破グレンラガン
    電脳コイル
    ソウルイーター
    喰霊 -零-
    キャシャーンSins
    ・交響詩篇エウレカセブン
    ・桜蘭高校ホスト部 などなど

    →このサイトについて
    →Web拍手返信
    ブログ内検索

    最近の記事
    カテゴリー
    Web拍手

    ご意見、ご感想等ありましたらお気軽にどうぞ。 相互リンクも募集してます。
    お返事はコチラで行ってます→Web拍手返信
    カレンダー
    10 | 2007/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    今期の感想スケジュール

    日曜
    ひだまりスケッチ365
    コードギアスR2
    月曜
    ソウルイーター
    火曜
    ストライクウィッチーズ
    水曜
    ワールドデストラクション
    木曜
    スレイヤーズREVOLUTION
    金曜
    マクロスF
    土曜
    鉄腕バーディ

    リンク(順不同、敬称略)

    いつもTB等でお世話になってます。
    相互リンク様
    空色きゃんでぃ
    サブカルなんて言わせない!
    よう来なさった!
    腐麗蝶の柩
    ソウロニールの別荘
    ハヤテのごとく!に恋してるっ!?
    物理的領域の因果的閉包性
    きざみ納豆(アニメ感想別館)
    徒然きーコラム
    破滅の闇日記
    地図曹長道中記
    混沌-chaos-という名のクロニクル
    紅の終幕劇
    アニメレビューブログ
    アニメは日本の文化遺産

    巡回リンク様
    Cat in the box - キャットインザボックス
    サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
    バラックあにめ日記
    アニメって本当に面白いですね。
    Spare Time
    リリカルマジカルS+
    SERA@らくblog
    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
    だってアニメが好きだから
    蒼碧白闇
    ミルクレモンティー
    Girlish Flower
    ラピスラズリに願いを
    おちゃつのちょっとマイルドなblog
    たらればブログ
    メルクマール
    アニメレビューCrossChannel.jp
    紅蓮の煌き
    wendyの旅路
    風庫~カゼクラ~
    所詮、すべては戯言なんだよ
    妄想詩人の手記
    Junk Head な奴ら
    karimikarimi
    ピンクの髪の……
    アニマライト

    FC2カウンター


    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。