スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    by たかはら  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

    true tears 第8話 「雪が降っていない街」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    ture8_1.jpgture8_1.jpg
    あっさり愛ちゃん振られたー!?
    衝撃のキスで終わった前回でしたが、
    恋愛対象としてみれないという眞一郎の前にあっさり撃沈。
    ただでさえ、乃絵や比呂美の事で頭いっぱいなのに、
    今まで親友の彼女として見てきた相手を急に好きになれと言われても
    まあ難しいよなあ。当たり前と言えば当たり前の対応なんだけど
    うやむやにせずはっきり断った眞一郎をちょっと見直した。

    とりあえず乃絵や比呂美にキスの事がバレて~というドロドロ展開に
    ならなくてほっとしたけど、今後そういう展開になる可能性はあるかも。
    なんか愛ちゃんは自分から言い出しそうだから怖いんだぜ。

    三代吉
    普通に眞一郎を誘って愛ちゃん家に行こうとする三代吉。
    眞一郎と三代吉がギスギスしないのは嬉しいんだけど
    この辺の心境はちょっと良くわからなかったり。あまり深くは考えてないのかな?

    乃絵&眞一郎
    どんどん眞一郎が好きになってると話す乃絵が可愛い。
    眞一郎もまんざらではない様子ですね。
    何故かOP曲まで流れてくるし、このまま乃絵ENDで終わっても違和感ないな(笑)

    比呂美&純
    自分からフリースロー対決を持ちかけといて一本も決められないとか、
    ブラコンで赤面とか、兄貴がすっかり萌えキャラになってるのに笑った。
    この二人はお互いの事情に気付いているようなので、
    これ以上の発展はないのかなと思ってたけど、
    憎まれ口を叩きあったり、意外と仲良くなってるような気も。
    考えてみれば比呂美は親友の朋与にも嘘をついている訳で、
    自分を偽らずに遠慮なく接する事ができるのは純だけなのかもしれませんね。


    押していただけると励みになります。
    スポンサーサイト
    テーマ: ture tears -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 20:39 |  .2008年春終了アニメ true tears |  comment (0)  |  trackback (13)  |  page top ↑

    シゴフミ 第8話 「ハジマリ」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    sigohumi8_1.jpgsigohumi8_2.jpg
    ありゃりゃ、もしかしてキラメキ編はこれで終わりでしょうか?
    前回あれだけ大暴れしていたキラメキが、
    葛西姉の一言ですっかり牙を抜かれてしまったのは、
    拍子抜けというか、ちょっとがっかりしてしまったかな。
    彼には真性の変態さんのままで居てほしかったんだ。

    今週でフミカの人格が二つに分かれてしまった事はわかりましたが、
    フミちゃんが意識不明になっている理由と、
    ミカがシゴフミ配達人になった経緯については未だ謎のまま。
    今度はこちらが焦点になるんでしょうか。
    と思ったら予告で温泉入っとる(笑) 来週はサービス回なのか。

    この作品、結構楽しんで見てはいるんですが、
    シゴフミという設定があまり活かされてないのがちょっと残念だったりします。
    正直今のところ普通の遺書と何が違うんだろう?という感じだし、
    シゴフミ配達人が何の為に存在しているのかもよくわからない。
    その辺の世界観の構築が不十分というか、
    設定が上手く練られてない印象を受けるんですが
    放送が終わるまでに明かされるのかな。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: シゴフミ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 19:27 |  .2008年春終了アニメ シゴフミ |  comment (0)  |  trackback (17)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第18話 「逆転の秘策」

    ★★★★★★★★★☆(9)

    clannad19_1.jpgclannad19_2.jpg
    表情の描写が丁寧なのは毎回そうなんだけど、
    今週は特に神掛かっていたような。
    ラストの泣き顔は言わずもがな、
    占いをやってる朋也と椋を見つめる杏の顔や
    渚が復帰した時の春原の顔など、印象的なシーンが多すぎました。
    「なるほど、そういう事か」の智代の表情とか、もうね。

    ベストチョイスですよ!岡崎さん!
    智代、杏、椋、ことみに包囲され、絶対絶命の朋也の元に現れたのは風子!
    渚との仲を応援していた風子が朋也を助ける為に
    やってたきたというのは考えすぎかな。
    まあ実際に全然助かってないしね。

    家族
    智代が生徒会長を目指している理由。
    それは家族の思い出を残したい為。
    智代はなんか孤高なイメージがあったんだけど、
    それも周りの人間に支えられてこそなんだろうか。
    智代の話を微妙な表情で聞いてた朋也が印象的でした。
    回想だけでやけにあっさりだったなあと思いましたが。
    他の人の感想を読んでると、智代と杏は恋愛要素が多いから
    色々とカットせざるを得なかったようで。
    まあこれは放送終わってからゲームをやる時の楽しみに取っておきましょうか。


    ついに朋也争奪戦も終結。
    渚といる時の朋也の態度で全てを悟る少女達。
    前にあった椋の「ごめんなさい」という台詞は、
    自分の気持ちを押し殺してまで応援してくれた姉に向けた言葉だったのか。
    この結果は杏の言うとおり「わかってた」んだけど切ない物がありましたよ。
    朋也自身もようやく自分の気持ちに気付いたようで、
    今後は渚ルート一直線になるのかな。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 18:37 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (2)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第20話 「変革の刃」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    gandum20_2.jpggandum20_1.jpg
    1話の情報量が多くて理解するのが大変ですが、
    物語がどんどん動き出しているのは良い感じですね。
    1クール目が嘘のようだ。

    とりあえず重要なのは、CBの内通者によって
    三勢力にGNドライブが渡ってしまった事でしょうか。
    その数30機というのだから裏切った人も随分奮発したもんだ。
    これで完全に状況は一変してしまったのかな。
    MSの質でも数でもCB側が上回る要素がなくなってしまったからね。

    沙慈フルボッコ
    まずはルイスの事。
    ガンダムのビーム兵器の影響で、左腕は再生不可能らしい。
    そしてそんな事を相談する暇も無く、姉ちゃんがあっさりと退場。
    沙慈がその事に気付いた時の事を考える中々胸の痛い展開です。
    スタッフはどれだけ沙慈をどん底に落とせば気が済むんだ。
    沙慈は2期の主人公?と予想している人がいましたが、
    本当にそんな感じになってきたね。

    男の誓いに訂正はない!
    相変わらず普通に格好良いよハムの人。
    前回奪取したビームサーベルはフラッグの新武器になるのか。

    コーラサワー
    こっちは相変わらずシリアスが似合わないお人。
    ルイスや沙慈のパートがシリアスになったので、
    唯一のギャグパート担当になってしまいましたね。
    どうでもいいけど大佐はデレるの早いと思うんだ。
    もっと虐げられるコーラさんが見たいよ。

    もはやガンダムなど恐るるに足りん!
    中佐カッコいいよ中佐。
    量産型ガンダムに乗った人革連はトリニティを一蹴。
    すっかりトリニティはかませ犬扱いになってしまいましたね。


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 20:13 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (48)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII 第19話 「言えなかったこと」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    悠二覚醒
    syana19_1.jpgsyana19_2.jpg
    19話目にしてようやく悠二が主人公らしくなってきましたよ。
    覚醒といっても、なんかよくわからない内にパワーアップとかではなく
    あくまで精神面の成長に絞ってたのが良かったと思いました。
    やっぱり悠二は戦闘より分析能力を活かした方が適材適所な気がします。
    ただ、いくら田中に気付かせる為とは言え急に奇声を上げたりと、
    まだどこか危ういと言うか、普通の精神状態じゃないような感じはありましたね。
    扼殺とか主人公の戦い方じゃないだろ(笑)

    ザロービとバンデラ
    かませ犬っぽいなーとは思っていたけど、予想以上に弱くて泣けた。
    ザロービさんはせっかく5人に分裂できるのに一箇所に集まっちゃだめだろう。
    せめて一人は離れた所から見てようぜ。
    バンデラさんは最初見た時は葉巻みたいだなと思ってましたが、
    今回見たらすごく卑猥な姿になってて笑った。

    絶体絶命千草さん
    千草さん逃げてーーー!
    あれは悪化どころか即死レベルのような気が・・。
    ヴィルヘルミナが味見をしてくれる事を祈るしかないのか。

    来週からはサブラク戦?
    予告でバラすなら最後姿見せた所で終われば良かったのに。
    サブラクは2期のボス的な扱いなんでしょうか。
    OP見る限りは派手な戦闘シーンが楽しめそうなので期待してます。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナⅡ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 01:02 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (34)  |  page top ↑

    true tears 第7話 「ちゃんと言って、ここに書いて」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    ture7_1.jpgture7_2.jpg
    うわあい♪泥沼だー\(^o^)/
    前回がピークかと思いましたが更にドロドロして参りました。
    初めて恋というものを自覚した乃絵は純粋でとても可愛らしかったのですが、
    眞一郎の告白は結局比呂美とうまくいかなくて逃げてるだけなので、
    このまますんなり幸せになれるとは思えないよなあ。

    乃絵
    あ、やばい。可愛いかも・・。
    比呂美を応援してたけど、
    なんかこのまま乃絵ルートでも良いような気がしてきたよ。

    俺・・、愛ちゃんしかいないから
    まだ諦めてなかった三代吉。
    ちょっと女々しいかもしれないけど、
    三代吉は本当に愛ちゃんが好きだったんだなあ・・。
    眞一郎ならいいとか言ってたけど、本当にこのまま諦めてしまうのか。
    今週は眞一郎と三代吉がギスギスしてなくてほっとしたけど、
    最後のキスで眞一郎も愛ちゃんの気持ちに気付いたはずだし、
    ここからは男同士のバトルも出てくるんだろうか。

    愛ちゃん
    おいいい!!またかああああああああ!!
    まあ鈍感すぎる眞一郎にも責任はあるとはいえ、
    愛ちゃんは本当にトラブルメーカーですな。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: ture tears -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 22:15 |  .2008年春終了アニメ true tears |  comment (0)  |  trackback (7)  |  page top ↑

    シゴフミ 第7話 「キラメキ」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    sigohumi7_1.jpgsigohumi7_2.jpg
    駄目だこいつ…早くなんとかしないと…。
    という訳で美川キラメキもとい小山力也大暴れの巻。
    勢いで思わず笑ってしまったけど、
    普段のフミカ以外の話の時とテンションが違いすぎて
    若干戸惑いも感じてしまうよなあ。
    この作品は一体どこへ向かっているんだろう・・。

    ☆キラメキ☆
    つーか生きてたのかよ!
    てっきりフミカが殺したのかと思ってましたが、
    命は取り留めたって事?それにしても元気すぎるだろキラメキ(笑)
    お天気なのに!雨!ってテンションの上がるツボがわかんねえよ!
    傍から見てる分には面白いけど、一緒に生活するのは絶対無理だよなあ。
    フミカが撃っちゃう気持ちがわかったような気がするぜ。

    文ちゃん
    ありゃ、病院で寝ている少女は単純にフミカの体ではないのかな。
    双子の姉妹、もしくは多重人格とか?
    最後にキラメキに撃たれて終わっちゃったけど、
    元々死んでる配達人が更に死んじゃう事はあるのだろうか。
    配達人になっても未だに成長しているフミカだけ特別なんでしょうかね。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: シゴフミ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:18 |  .2008年春終了アニメ シゴフミ |  comment (0)  |  trackback (14)  |  page top ↑

    俗・さよなら絶望先生 第7話 「百万回言われた猫」他

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    zetubou7_1.jpgzetubou7_2.jpg
    相変わらずのやりたい放題っぷりですが、
    ここまでやられたらもう参ったと言うしかないですな。
    技術やセンスが凄いのは勿論、
    作り手も楽しんで作ってるのが伝わってくる感じで面白かった。
    好きじゃなきゃあんな手間のかかる事できないよ。

    リリキュアGOGO!
    へ・・へんしん??
    またOP変わっとるー!?しかも魔法少女ものとか(笑)
    これは今回だけの特別仕様なんですかね。
    グレンラガンのキャラデザの錦織さんとか無駄にスタッフが豪華すぎるぜ。

    「言ってる方は面白いのかもしれないけど、
    こっちはもう聞き飽きたんだよ」の話。
    普通のネタとしてはこれが一番面白かったかな。
    マガジンネタとサンデーネタを同時にやってるのに吹いた。
    あとNew谷良子(笑)


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 21:28 |  .2008年春終了アニメ 俗・さよなら絶望先生 |  comment (0)  |  trackback (15)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第17話 「不在の空間」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    clannad17_1.jpgclannad17_2.jpg
    一言でいうなら杏エロいよ杏の回。
    渚がいない「不在の空間」という事でしたが、
    重苦しくなるどころか、むしろギャグ回寄りだったなあ。
    まあこういうハーレム展開になっても、
    朋也の行動は全て渚の為なので、あんまり優柔不断な印象は受けないですよね。
    この辺の構成は上手いなあと思いました。

    智代
    押しかけ女房がめちゃくちゃ羨ましい。
    他の子と違って好意を素直にぶつけられるのが智代の魅力ですね。

    智代の威をかる春原
    今更ですが春原って普通に人間として駄目な部分も持ってますよね。
    それもまた魅力といっていいのか分かりませんが、
    ああいうシーンがあっても好感度が下がらないのがすごいよなあ。
    頭を下げれば体を触らせてやってもいいという智代の挑発に
    即土下座した姿は逆に男らしいと思ってしまった。

    体育倉庫に二人
    おまじないの効果SUGEEEEE!
    とりあえず財布の中にギザ十が無いか
    確認したのは私だけではないと信じたい。
    ブルマにニーソという組み合わせは先週も見てるんですけどね。
    体育倉庫というシュチュエーションが加わるだけで
    ここまで破壊力が上がるとは思わなかったぜ!

    風子参上!!
    ヒトデヒートは打撃技ではなく撹乱技でした。
    成功率はほぼ0%だけどな!
    ことみもそうですが、
    個人ルートが終わっても出番があるのが嬉しい限りです。
    「もう帰っていいですか?」とか可愛すぎる!


    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 14:05 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (4)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第19話 「絆」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    gandum18_2.jpggandum18_1.jpg
    まずはガンダムVSガンダムから。
    様子見程度で軽く手合わせして終わりかと思ってましたが、
    ファンネルやナドレ等、双方とも出し惜しみせずに戦ってたのは良かったな。
    ナドレの能力はヴェーダとリンクする機体を全て制御下に置くという物らしい。
    でもこれって政府との戦いには全く役に立たないですよね。
    逆にヴァーチェが敵に鹵獲されたら一巻の終わりという危険な代物。
    何のためにこんな機体を作らないといけなかったのか?
    作った奴はあらかじめガンダム同士で戦う事を想定してたのでしょうかね?

    ルイス
    ルイス株は先週に引き続きストップ高。
    ただ沙慈と行動を別にしたせいで、今後は出番が少なそう。
    沙慈関係では姉ちゃんが色々動き出してますが、
    前の軍人のように消されないかちょっと心配ではあります。


    トリニティが現れた結果というのが皮肉ではありますが、
    マイスター達の絆は徐々に強くなっている感じ。
    まさかティエリアと刹那のフォーメーション攻撃がこんなに早く見られるとはね。
    刹那とロックオンの関係も引きずらずに今週でかたがついたと考えて良いのかな。
    刹那の目的は自分が神になる事ではなく、あくまで戦争を根絶する事でした。
    ガンダム馬鹿うんぬんの台詞には笑ってしまったけど、
    ちょっとだけ刹那が格好よく見えてきたよ。


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 23:11 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (16)  |  page top ↑

    灼眼のシャナⅡ 第18話 「錯綜の悠二」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    syana18_1.jpgsyana18_2.jpg
    悠二の覚悟とその重さ。

    鍛錬は順調に進んでいるものの、悠二の態度に違和感を抱くシャナ。
    悠二の覚悟については吉田さんとの比較があったおかげで
    随分分かり易かったように思いますね。
    吉田さんの悠二が好きだから助けたいというのは本当の気持ち。
    それに対し悠二は他に選択肢がないから仕方なくやってるだけ。
    本心から戦う覚悟を決めた訳ではないと突き放すシャナと吉田さん。
    二人ともなかなか手厳しいですが、
    まあ主人公なんだからこのくらい乗り越えてもらわないとね。
    次回は初のシャナ抜きの戦闘のようで楽しみ。
    自分の力不足を思い知るのか、それとも一皮剥けるのか。

    シャナ
    具合の悪い千草を心配するシャナ。
    今週のシャナはいつもより可愛く感じたなー。
    バレンタイン仕様のアイキャッチとか私服姿も良かった。
    全体的に暗い雰囲気の中、一服の清涼剤になってたよ。

    田中
    ありゃー、田中はまだ悩んでいたのか。
    前回しっかり答えを出したのと思ってたのでこれはちょっと残念。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナⅡ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:06 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (31)  |  page top ↑

    true tears 第6話 「それ…何の冗談?」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    公式サイトがバレンタイン仕様に変更されてますね。
    その内本編の方でも仲の良さそうな三人の姿が見られるんだろうか・・。


    隠していた想いを吐き出す比呂美と愛子。
    いやー、今週は修羅場の連続で胃が痛かったー。
    クオリティは相変わらず高いし、面白いんだけど
    このテンションで最後までやられたら私の胃が保たないぜー。

    比呂美
    「眞一郎君のお父さんが私の本当のお父さんかもしれないって」
    マジで異母兄弟設定だったのかー!?
    まあママンの反応からするに、単なるブラフか
    ママン自身も確証を得てない話のようですが。
    比呂美が眞一郎に対してどこか他人行儀なのは
    この事を知っていたから、眞一郎の事を好きにならないように
    距離を取っていたという事なんでしょうか。
    お互いに好意は持っている様子だし、ママンさえ居なければ
    とっくに二人は付き合っててもおかしくないのかもしれませんね。
    ようやく出てきた「涙」に対して眞一郎はどう動くのか楽しみです。

    愛ちゃんと三代吉
    三代吉いいいい!!!!
    遂に愛ちゃんの本当の気持ちに気付いてしまった三代吉。
    普段は能天気で明るい性格なだけに、
    あの引きつった表情とか痛々しくて見てられなかったぜ。
    愛ちゃんも色々溜まってた想いが
    押さえられなくなったという事なんですかね。
    肝心の眞一郎にその気がないのが明白なので、
    こっちもこっちで切ないよなあ。

    乃絵
    すっかり癒し要員になっとる(笑)


    押していただけると励みになります。
    テーマ: ture tears -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:37 |  .2008年春終了アニメ true tears |  comment (0)  |  trackback (9)  |  page top ↑

    シゴフミ 6話 「サケビ」

    サンテレビでは放送休止で見れない為、感想もお休みします。
    先週は割とほのぼのした話だったのに、また元に戻ってしまったのか?
    ひぐらしですら中止しなかったサンテレビで
    放送できないなんて一体何やったんだー!
    by たかはら  at 23:30 |  .2008年春終了アニメ シゴフミ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第16話 「3 on 3」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    clannad16_1.jpgclannad16_2.jpg
    杏と智代による朋也争奪戦が始まったのかと思いましたが、
    結局最後には渚が正妻の貫禄を見せ付けてたような。

    演劇部の復活にはあまり意味の無さそうなバスケ編でしたが
    朋也の意識改革としては大きな意味があったようです。
    怪我によってバスケという自分の取り得と目標を失い、
    その後の2年間を怠惰に過ごしてしまった朋也。
    「俺みたいな不良が」という言葉をたまに使ってましたが、
    やはり周囲に対して引け目みたいな物を感じていたのでしょう。

    そしてバスケ部の三年というのは、
    「もし怪我をしていなかったらなっていたかもしれない自分」
    という象徴的な意味もあったのかな。
    でもそういう相手に対しても朋也は諦めるという選択をしなかった。
    また「辿り着きたい場所」を見つける事ができたから。

    それには渚が大きく関係しているようですね。
    渚と一緒にいることで見つける事ができた物なんだろうか?
    それとも渚の相手として恥ずかしくないような男になりたいという
    直接的な意味なのか?
    次回は進路に悩む朋也という事で、その辺がまた掘り下げられそう。

    今回はスポーツ編らしく爽やかなお話で良かったと思います。
    バスケ部の主将が意外と気持ちの良い奴だったのも良かった。
    あと今更すぎるけど、音楽が良いですよね。
    最後の曲は勿論、日常のBGMもいつの間にか頭に残ってるもんなー。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: CLANNAD -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:10 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (4)  |  page top ↑

    俗・さよなら絶望先生 第6話 「君 知りたもうことなかれ」他

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    zetubou2_6_1.jpgzetubou2_6_2.jpg
    結局先週も見逃してしまったので、今週やっと映像付きOP見ました。
    1期はエロだったから今回はグロ?今回も独特のセンスが良い感じですね。
    色使いは若干ダークな感じになってました。
    そして相変わらず何故か優遇されてるまといちゃん(笑)
    尾石さんはまといちゃんファンなんだろうか。
    知らない人が見たら絶対まといちゃんがヒロインだと思うよなあ。

    OPで十分満足したんですが、本編も面白かったです。
    なんというか今週はテンポが抜群に良かったような気がします。
    通知社会とかはネタ的にも結構共感してしまった。

    Cパートは中の人でお遊び。
    声優が入れ替わるというネタはたまに見ますが、
    これほど脈略も節操もなく入れ替わるのは初めて見たぜ。
    頑張って似せようとする声優さんもいれば、
    我が道を行くかのように全く変える気のない人もいて面白かったです。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: さよなら絶望先生 -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 21:24 |  .2008年春終了アニメ 俗・さよなら絶望先生 |  comment (0)  |  trackback (17)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第18話 「悪意の矛先」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    なかなか容赦無い展開になって参りました。
    単純に面白いと言っていいのかわかりませんが、
    今週はかなり心を揺さぶられてしまった。

    ルイス
    guanum18_1.jpgguanum18_2.jpg
    正直ルイスあまりは好きなタイプのキャラではなかったんだけど、
    ちょっとこれは見てて辛かったなあ・・。
    武力紛争に巻き込まれたとかならまだしも、
    ただのネーナの気まぐれが引き起こした惨劇というのも救いがない感じです。
    トリニティはもっと理性的な人間なのかと思ってましたが、
    勝手に民間人を攻撃するわ、
    敵に見つかって会話を聞かれるわと問題行動ばかり。
    これでは刹那の事を笑えませんよ。
    確かに分かりやすい悪役にはなってますが、
    敵として魅力があるかというとちょっと微妙な気もするなあ。

    今日の私は阿修羅すら凌駕する存在だ!
    グラハムが本気で格好過ぎる!
    機体性能ではなく、パイロットとしての腕で勝負している所が燃えますよね。
    ヨハンのビームサーベルを奪って片腕を切り落とす所はシビれました。

    エクシア、目標を駆逐する!
    刹那の空気読めない行動も、今回ばかりは応援せざるを得ないぜ!
    三対一だから勝ち目は薄そうだけど、
    せめてグラハムみたいに一矢報いて欲しい。


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 17:34 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (34)  |  page top ↑

    PERSONA - trinity soul - 第6話 「署長が消えた日」

    ★★★★★★★★☆☆(8.5)

    persona6_1.jpgpersona6_2.jpg
    あー面白かった。
    なにやら不穏なサブタイだったけど、まさかこんな展開になるとは・・。
    普段のシリアスな雰囲気とのギャップもあって
    思いっきり笑ってしまいました。

    ちーこりん
    子安さんと緑川さんの格好良い声で
    ちーこりん連発されるとどうしても笑ってしまう。
    というかみんなちーこりん好き過ぎるだろ(笑)
    綾凪署にはなかなか面白い人材が揃ってますね。
    個人的には一見堅物そうな副署長が意外にお茶目だったのがツボでした。


    今週は完全に椋主役の回でしたね。
    普段はあまり表に出さない優しい所やコミカルな面が見れて良かったです。
    子供達に「ばっかみたい」と言われて
    ショボーンとしてる姿とか面白かったなー。

    ずっとシリアスな展開が続くのかと思ってましたが、
    こういうギャグっぽい話もありなんですね。
    またこんな話を挟んでくれると嬉しいな。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: PERSONA -trinity soul -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 12:24 |  .2008年夏終了アニメ PERSONA -trinity soul- |  comment (0)  |  trackback (28)  |  page top ↑

    灼眼のシャナII  第17話  「それぞれの道」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    自らの進むべき道を模索する少年達の話。
    作画的には少々お疲れ気味でしたが、ドラマでは魅せてくれました。
    佐藤と田中の関係はなかなか上手く描かれていたように思います。

    佐藤と田中
    syana17_1.jpgsyana17_2.jpg
    アウトローに入ってマージョリーと共に戦う事を決めた佐藤。
    戦いから身を引き、好きな人の側で生きる事を決めた田中。
    今まで親友同士、同じ道を歩んできた二人にも遂に決別の時が・・。
    でもそれぞれがちゃんとやるべき道を見つけたのだから
    それはきっと悲しいことばかりではないですよね。
    ちゃんと互いの選択を尊重しているのも良いなあと思いました。
    佐藤はそれほど好きなキャラという訳ではなかったのですが、
    今週でかなり見直してしまった。

    悠二
    相変わらずシャナとの鍛錬に励む悠二。
    ヴィルヘルミナでも敵わなかったサブラクの話を聞いて動揺するわけでもなく、
    むしろやる気になってるのは素直に悠二が成長したと捉えていいのかな?
    実際に修行の成果も徐々に現れてきているようですが、
    少し気合が入り過ぎているようにも感じてしまいました。
    結果を焦って無茶しなければよいのですが・・。


    そういや男子の中で池だけ何もなかったね(笑)
    彼はもう藤田さんEND決定なんでしょうか。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 23:16 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (0)  |  trackback (36)  |  page top ↑

    シゴフミ 第5話 「タダイマ」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6.5)

    sigofumi5_1.jpgsigofumi5_2.jpg
    とりあえずアバンの美川キラメキ氏に爆笑してしまった。
    何やってんですか力也さん(笑)
    しかしキラメキって名前だけで相当痛いんだけど、
    美しく残酷な詩人ってキャッチコピーがまた酷え。
    これ自分で考えたんだとしたら、その時点で詩人失格な気がするぜ。

    今回の配達先は猫のシュレディンガー。
    猫に翻弄されるフミカや、キャッチとのバトル等
    どこかギャグチックで全体的にほのぼのとした雰囲気でした。
    個人的にはこういう明るい話の方が好みではあるんだけど、
    3話までとあまりに雰囲気が違ってたので若干違和感も感じたなあ。
    今週のお話は息抜き的な位置づけなんでしょうかね。

    「片方だけ残るのって、とても残酷だから」
    ほぼ同時期に死んだ老夫婦に対して幸せだと語るフミカ。
    これはフミカ自身も取り残された経験をした事があるからなのか。
    それとも要の事を言ってたりするのかな?
    自分がいなくなる事をわかっていたから、
    好意を寄せていながらも要の告白に答える事ができなかったとか?
    今回はフミカの人間臭い所が垣間見えるシーンが多かったように思いますね。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: シゴフミ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:15 |  .2008年春終了アニメ シゴフミ |  comment (0)  |  trackback (16)  |  page top ↑

    true tears 第5話 「おせっかいな男の子ってバカみたい」

    ★★★★★★★☆☆☆(7.5)

    true5_1.jpgtrue5_2.jpg
    サブタイはやはり比呂美の台詞でしたか。
    乃絵とつきあう交換条件として純に比呂美との交際を持ちかける眞一郎。
    眞一郎にしてみれば気をきかせたつもりなんだろうけど、
    例え本当に比呂美が純を好きだとしても、これはおせっかい以外の何物でもないよなあ。まあ元を正せば比呂美が意地を張って嘘をついているのが悪いとも言えるんだけど。
    比呂美は眞一郎との母親との確執もあって、
    かなり精神的に余裕が無くなってきてる感じがしますね。

    乃絵
    相変わらず何を考えているか謎すぎる。
    眞一郎との距離はどんどん縮まってる感じだけど、
    恋愛対象として眞一郎を見てるかどうかはかなり怪しい所ですね。
    自分の誘いを断って比呂美と帰る眞一郎を見て怒ってるのも、
    別に比呂美に嫉妬してる訳ではなく、
    嘘をついて涙が汚れてしまう事を怒っていただけなんだろうか。

    愛ちゃん
    ああああああああああああ!!
    前半は三代吉といい感じだなあと思ってたのにこう来るかー。
    果たしてあのセーターはちゃんと三代吉の手に届くんだろうか。
    しかし毎回引きが絶妙だなあ。
    サブタイの台詞も色々想像させられてしまって続きが気になります。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: ture tears -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:00 |  .2008年春終了アニメ true tears |  comment (0)  |  trackback (13)  |  page top ↑

    CLANNAD -クラナド- 第15話 「困った問題」

    ★★★★★★★★☆☆(8)

    clannad15_1.jpgclannad15_2.jpg
    ことみ編が終わってようやく渚の出番?
    と思ったら今週のメインは春原でした。
    しかし春原が出ると一気に雰囲気が変わるなあ。
    今週も合唱部との確執などシリアスなシーンもあったのですが、
    彼のお陰で全体的にはそこまで暗い雰囲気にはならず。
    改めて春原の存在の大きさを思い知らされました。
    あと最後の渚の爆弾発言の可愛さは反則級。これはニヤニヤが止まらない。

    そんな風に人の同情を誘う奴は卑怯者だ!
    これは朋也の事を気遣って怒っているのかと思ったら、
    春原自身もサッカーという夢を諦めないといけない状況にあったから
    余計にその事を盾にしている杉坂が許せなかったという事か。
    確かによく考えれば渚だって、体が弱いというハンデの為に
    今まで演劇という夢を我慢してきたんだから
    そこまで仁科さんに遠慮する義理はないと思うんだけどね。
    まあ必要以上に相手に感情移入しちゃうのは渚らしいと言えるか。

    春原妹
    おお!本当に実在したのか春原妹。
    てっきり春原の頭の中だけで作られた存在かと思ってたよ。
    CVは田村ゆかりさんでした。
    これでかないみかさんが加わればひぐらし女性陣勢揃いですな。
    性格は兄と違ってしっかりしてそう?
    まあ兄があれだったら嫌でもしっかり者にならざるを得ないのか。

    風子
    またまた風子参上!相変わらず出てきた意味ねえ(笑)
    しかしなんで風子は夏服じゃないんだー!
    登場バンクを書き直さないといけないからなのか?


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 01:19 |  .2008年春終了アニメ CLANNAD -クラナド- |  comment (0)  |  trackback (2)  |  page top ↑

    PERSONA ~trinity soul~ 第5話 「強いられた結合」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    persona5_1.jpgpersona5_1.jpg
    バトルシーンは多少改善されたかな。
    今週は昼間の戦闘だったからかもしれませんが
    前よりは見やすくなっていた気がします。

    しかし慎はいつの間にかペルソナを
    自在に使いこなせるようになってますね。
    洵や拓郎はまだ力が暴走してる感じだけど
    何度も出してたら慣れるもんなんだろうか。

    朔太郎は相変わらずペルソナ剥ぎを続けているみたい。
    ペルソナがペルソナを捕食しているみたいだったけど
    これはどんな意味があるんだろうね。
    単純にペルソナの力が増すとかそういう事なんだろうか?
    「殺されなきゃ奪えないんだよ。君と違ってね」という台詞も気になる。
    相手を殺さずにペルソナだけ吸収できるのが慎の特殊能力?

    次回 「署長が消える日」
    サブタイでドキッとしたけど、別に諒の退場回じゃないよね?
    めぐみと叶鳴の一日署長とかぬいぐるみ持ってる諒とか、
    一体どういう展開だったらこうなるのかすごく気になる。

    そういえば今週のタイトルの「強いられた結合」って
    結局どういう意味だったんでしょうね。
    先週の時点では洵とユキの事かと思ってましたが、
    今回はあんまりそういう描写はなかったような。


    押していただけると励みになります。
    テーマ: PERSONA -trinity soul -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 12:28 |  .2008年夏終了アニメ PERSONA -trinity soul- |  comment (0)  |  trackback (19)  |  page top ↑

    機動戦士ガンダム00 第17話 「スローネ強襲」

    ★★★★★★★☆☆☆(7)

    gandum17_1.jpggandum17_2.jpg
    マイスター達とトリニティ三兄弟のご対面。
    まあ彼らの性格上、仲良く共闘は難しいだろうと思ってましたが、
    早くもなにやら揉めているようで・・。
    問題児ばかりを抱えた両チームのリーダー二人が不憫でならないぜ(笑)
    しかし先の戦いで数の少なさという弱点を露見したばかりなのに、
    相手が気に入らないとかそんな事で対立してる場合ではないと思うんですけどね。
    いくら新ガンダムが刹那達の機体より上とは言っても、
    3機しかいないのでは、いつかは大演習の時の二の舞になってしまいそうです。
    直情型のミハエルはともかく、
    長男のヨハンあたりはそれくらい気付いてそうですが
    それでも何とかなるという切り札を隠し持っているという事でしょうか。

    トリニティ三兄弟
    ヨハンはさすが長男という事でしっかりしてますね。
    まあ単純に良い人というわけではなく、色々考えてそうな雰囲気はあるけどね。
    ミハエルはこの作品には珍しい分かりやすい悪役ですね。
    ただ悪役はいいのですが、性格がDQNだったのは残念かな。
    あんまり凄さが伝わってこないからなあ。なんかすぐ死んじゃいそうだ。
    ネーナはただの天真爛漫な子というわけでもなさそう。
    釘宮さんのヤンデレはちょっとみてみたいかも。

    ルイスママ
    ママンに完全に死亡フラグがたってしまったような。
    結構好きなキャラだったので残念だー。
    しかしこれでようやくサジ達も本筋に絡んでくるのかな。


    押していただけると励みになります。
    by たかはら  at 10:48 |  .2008年春終了アニメ 機動戦士ガンダム00 |  comment (0)  |  trackback (46)  |  page top ↑

    灼眼のシャナⅡ 第16話 「つきせぬ想い」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    今週は状況整理の回。
    さすがにあのまま話進められたらついていけないから仕方ないか。

    syana16_1.jpgsyana16_2.jpg
    OPとEDが変更に。両方ともKOTOKOさんが歌ってるんですね。
    OPは一瞬誰が歌ってるのかわからなかった。サビでようやく気付いたよ。
    映像はめちゃくちゃ動いてますね。
    格好良いけど、ここまで動くともう何がなんだか(笑)
    EDは映像がおとなしめですが曲は格好良いですね。
    こっちがOPの曲だと言われても違和感ないぜ。

    ロザリオ
    前回フィレスが吉田さんに渡していたのは、
    使うと存在の力が消えてしまうかわりにフィレスを呼び出す事のできる宝具。
    近衛が消えて皆が存在そのものを忘れてしまった描写を入れて
    吉田さんの不安をあおる演出は上手いと思ったけど、
    こういうアイテムって使っても、結局死ななかったりしますよね。
    さすがに使わないまま終わる事はないんだろうけど・・。
    それにしてもフィレスが吉田さんに宝具をたくした理由が
    いなくなっても問題ないからとか吹いた(笑)外道すぎるだろフィレス。
    せっかく学園祭の案内とかしたのになあ、報われなさすぎる。

    父帰る
    あ、あれ?親父もう帰っちゃうんだ・・。
    てっきりもっと重要な役どころかと思ってたのに、全くそんな事なかったな。
    結局この人は息子の女友達の恋愛相談に乗る為にわざわざ戻ってきたんでしょうか。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: 灼眼のシャナ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:38 |  .2008年春終了アニメ 灼眼のシャナⅡ |  comment (2)  |  trackback (35)  |  page top ↑

    GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第4話 「アンジェリカの復帰」

    ★★★★★☆☆☆☆☆(5)

    gunslinger4_1.jpggunslinger4_2.jpg
    ピノッキオの話はひと休みしてアンジェリカが復帰する話。
    映像だけがアニメの全てではないと思うけど
    さすがにこれだけ止め絵の連発だとちょっとキツイかな。
    キャラの顔とかは前より安定してるんですけどね、
    なかなか上手くいかないものです。

    アンジェリカがかわいいのは良いのですが、
    関係ないシーンまで萌えを持ち込むのはどうだろう。
    あれじゃアンジェリカは武器や死体にハァハァする特殊性癖の
    持ち主になっちゃいますぜ。

    今後も視聴は続けますが、
    感想の方は否定的な意見が多くなってしまいそうなので
    今週で一旦切らせて頂きます。
    テーマ: GUNSLINGER GIRL -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 01:01 |  .2008年春終了アニメ GUNSLINGER GIRL |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

    シゴフミ 第4話 「ナミダ」

    ★★★★★★☆☆☆☆(6)

    sigohumi4_1.jpgsigohumi4_2.jpg
    母親のせいで男嫌いになってしまった女子高生の元にシゴフミが届く話。
    百合というエッセンスはあったものの、シナリオ的には凡庸な出来だったか。
    子供を捨てて男を選んだはずの母親が、
    実は娘の事を気にかけていたというオチは
    ある意味お約束なのでもう一捻りして欲しかったような気もしました。
    ただこの作品では初めて暗くならずに終わったので、その点は良かったです。

    チアキとマトマ
    今週はこっちの話の方がメインだったのかな。
    フミカ以外の配達人が初めて登場。
    配達人より杖の方がキャラが濃いのはこっちも一緒でした。
    どうやら配達人は死んだ人がなる為、体が成長しないようですが
    フミカはどんどん大きくなっているらしい。
    やはりあの昏睡状態の女の子がフミカなんでしょうね。



    押していただけると励みになります。
    テーマ: シゴフミ -  ジャンル: アニメ・コミック
    by たかはら  at 00:06 |  .2008年春終了アニメ シゴフミ |  comment (0)  |  trackback (2)  |  page top ↑
    プロフィール

    見たアニメの感想書いてます。
    TB、コメント歓迎中。
    twitter始めました。基本フォローされたら返します。気軽にどうぞ。
    →2011年冬アニメ視聴予定a_btn155.gif

    好きなアニメ作品
    天元突破グレンラガン
    電脳コイル
    ソウルイーター
    喰霊 -零-
    キャシャーンSins
    ・交響詩篇エウレカセブン
    ・桜蘭高校ホスト部 などなど

    →このサイトについて
    →Web拍手返信
    ブログ内検索

    最近の記事
    カテゴリー
    Web拍手

    ご意見、ご感想等ありましたらお気軽にどうぞ。 相互リンクも募集してます。
    お返事はコチラで行ってます→Web拍手返信
    カレンダー
    01 | 2008/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    今期の感想スケジュール

    日曜
    ひだまりスケッチ365
    コードギアスR2
    月曜
    ソウルイーター
    火曜
    ストライクウィッチーズ
    水曜
    ワールドデストラクション
    木曜
    スレイヤーズREVOLUTION
    金曜
    マクロスF
    土曜
    鉄腕バーディ

    リンク(順不同、敬称略)

    いつもTB等でお世話になってます。
    相互リンク様
    空色きゃんでぃ
    サブカルなんて言わせない!
    よう来なさった!
    腐麗蝶の柩
    ソウロニールの別荘
    ハヤテのごとく!に恋してるっ!?
    物理的領域の因果的閉包性
    きざみ納豆(アニメ感想別館)
    徒然きーコラム
    破滅の闇日記
    地図曹長道中記
    混沌-chaos-という名のクロニクル
    紅の終幕劇
    アニメレビューブログ
    アニメは日本の文化遺産

    巡回リンク様
    Cat in the box - キャットインザボックス
    サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
    バラックあにめ日記
    アニメって本当に面白いですね。
    Spare Time
    リリカルマジカルS+
    SERA@らくblog
    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
    だってアニメが好きだから
    蒼碧白闇
    ミルクレモンティー
    Girlish Flower
    ラピスラズリに願いを
    おちゃつのちょっとマイルドなblog
    たらればブログ
    メルクマール
    アニメレビューCrossChannel.jp
    紅蓮の煌き
    wendyの旅路
    風庫~カゼクラ~
    所詮、すべては戯言なんだよ
    妄想詩人の手記
    Junk Head な奴ら
    karimikarimi
    ピンクの髪の……
    アニマライト

    FC2カウンター


    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。